P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

旅・街歩き

【釜山グルメ】テジクッパ... 海雲台・수백한상(スベクハンサン)で臭みの無いスープを味わう

ヘウンデで朝食として食べた釜山ご当地グルメの一つ、돼지국밥/テジクッパ。訪れたのはうちの娘(女子大生)が教えてくれた”スベクハンサン”という店。臭みが無く、それでいながら深い旨味のスープ、ジューシーで柔らかい豚肉は絶品とのこと。 店は今回泊ま…

【釜山グルメ】ナッコプセ/タコ・ホルモン・エビのピリ辛鍋... 海雲台「ケミチプ」にて

先週末訪れた釜山で旨かった食べ物その1。タイトルの通り、タコ、ホルモン、エビという異色の食材をコチュジャンベースでピリ辛の炒め鍋的に仕立てた「ナッコプセ」という料理であります。 訪れたのは”개미집”、ケミチプという店。海雲台(ヘウンデ)駅から…

EV化されて蘇ったヒュンダイ・ポニーを見に釜山へ... 現代モータースタジオにて

ヤフーニュースにピックアップされていた「くるまのニュース」に興味深い記事がありました。 kuruma-news.jp 1975年から約10年、現代自動車が生産していた「ポニー」をベースにEV化したもので、6月27日まで釜山の”Hyundai Motor Studio”に展示されているとの…

【ソウル】仙遊島(ソニュド)... 漢江に浮かぶ公園で水と緑に癒される

”仙遊島”、仙人が遊ぶ島...? 中々ステキな名前です。ハングルで書くと”선유도”、発音は”ソン ユ ド”が連音化して”ソニュド”となります。このところ週末は好天が続くソウル。先週末久々に家族で出掛けてきました。 旅番組的に言えば、「ソウル市を流れる漢江…

【イギリス空軍】「レッドアローズ」のアクロバット飛行... RIAT/エアタトゥーでカラースモーク祭りを満喫

途切れることのないスピード感溢れる演技、カラースモークを駆使した緻密な構成が見応え満点のイギリス空軍アクロバットチーム・レッドアローズ。2017年・2018年のRIAT: Royal International Ait Tatooにて。 RAF, Royal Air Force "Red Arrows"について エ…

門司港レトロでアーデン・ジャガー XJ12に遭遇

九州鉄道記念館を見に行った後、瓦蕎麦を食べがてら訪れた門司港レトロエリアをぶらぶら歩いていると、素晴らしいコンディションの初代ジャガー・XJに遭遇しました。 p-sign123.jp 正しくは ”Daimler Double Six” タイトルにはジャガー・XJ12と書きましたが…

【祝・逃げ恥婚!】山口名物、瓦蕎麦を門司にて食す

日本中が祝福する星野源さんと新垣結衣さんのご結婚。今回記すのは『逃げるは恥だが役に立つ』のワンシーンだった瓦蕎麦であります。2016年11月、買い出し一時帰国も兼ねて訪れた北九州、門司に立ち寄った際の記録です。 ビートルに乗って九州に行った際に食…

【サンダーバーズ】アメリカ空軍アクロバットチームがイギリスの空を舞う(後編)... エアタトゥー/RIAT 2017にて

2017年RIATでのサンダーバーズ。前編からの続きです。 カリプソ!良く見ると上の5番機パイロットは真正面を見て背面飛行し、6番機のパイロットが5番機を見上げています。 ボントンロール。 完璧にタイミングが合う時もあれば... これは2日目。小姑的な視点だ…

【サンダーバーズ】アメリカ空軍アクロバットチームがイギリスの空を舞う(前編)... エアタトゥー/RIAT 2017にて

アメリカ空軍創設70周年記念ということもあってか、2017年のRIATは大西洋を越えてイギリスに飛来したUSAF・サンダーバーズがショーの主役だったと言えるかも知れません。私がサンダーバーズ(以下、”バーズ”)を見るのは2009年のソウルエアショー以来8年振り…

【イスタンブール旅行記】ボスポラス海峡と旧市街地... ヨーロッパとアジアの交差点にて

YouTubeで懐メロ系を聞いていたらアルゴリズムで流れてきた庄野真代さんの名曲「飛んでイスタンブール」。歌詞の中には「光る砂漠で~...」というくだりもあるがイスタンブールに砂漠など無く、後年当地を訪れた庄野さんもイメージとは違って苦笑したとか。…

【ソウル・明洞】コロナ禍でゴーストタウンと化した 2021年4月のミョンドン

インバウンドで沸いた大阪の心斎橋筋などと同様、完全にオーバーツーリズム状態だった近年の明洞。コロナ禍で様子は一転しました。 2009年5月の明洞。近年は更に混雑していました。 閉店して不動産屋の連絡先が貼られた店舗が目立ちます。 マスクを高値で売…

【ミネソタ州】ダルースエアショー会場とミネアポリス・ミネハハの滝

エアショーを見に訪れたミネソタでの週末。最終編です。 Duluth Airshowにて 駐車場 アメリカの地方都市なので来場者は全員クルマです。特に我々レンタカー利用者は「どこに停めたっけ??」とならないよう、海外の旅先で大型駐車場に遭遇したら停めた場所の…

【海外エアショー】B-52も飛来したダルースエアショー... アメリカ・ミネソタ州にて/Duluth Airshow

ブルーエンジェルスを初めて見たミネソタ州ダルース エアショー、他にも色々と見どころがありました。 p-sign123.jp 日本人には馴染みの薄いダルース(Duluth)は、メサビ鉄山(地理で習ったなぁ)の鉱石を五大湖に積み出す拠点として発展。ミネアポリス空港…

【韓国乗り鉄】(4)大田~ソウル・永登浦... 廃止前にディーゼル気動車時代の特急「セマウル号」に乗車する

大田駅にて。兵役中の若者が手にする赤い紙袋は彼女へのプレゼントだろうか? 大田~ソウル 大田駅 PP式ディーゼル気動車時代のセマウル号 ビュッフェ車両 水原(スウォン)駅 永登浦(ヨンドゥンポ)駅で下車 最後に 2021年4月追記 大田~ソウル 大田で今回…

【韓国乗り鉄】(3)順天~益山~大田... ローカル線のディーゼルカー&再びKTXに乗車

国では珍しい普通型ディーゼルカー。順天駅にて。 順天~益山(スンチョン~イクサン) 益山駅 昼食は全州ビビンバ 益山~大田 PP式セマウル号 西大田駅に到着 韓国乗り鉄(4)太田→ソウル PP式セマウル号に続く 順天~益山(スンチョン~イクサン) 順天で…

【韓国乗り鉄】(2)釜山~順天へ... ディーゼル機関車が牽く客車列車で味わうローカル線で3時間半の旅

急行ムグンファ号、三浪津駅にて。 釜山~三浪津へ 早朝の釜山駅 韓国のカニ21 釜山発車 三浪津で乗り換え 三浪津~順天 韓国の「横川駅」 順天駅 韓国乗り鉄(3)順天→益山→太田に続く 釜山~三浪津へ 合計5つの列車を乗り継ぐ予定の2日目、始めに乗るのは…

【韓国乗り鉄】(1)ソウルから釜山へ... KTX 001号で2時間の旅 & 釜山市内を半日観光

ディーゼルPP(プッシュ・プル)式のセマウル号も過去の存在になって数年経ちます。今回は2011年GWの韓国乗り鉄記録。あまり変わっていない部分もあればを感じる部分もあります。鷺梁津駅を通過するディーゼルPP(プッシュ・プル)時代のセマウル号。 以下は…

【海外エアショー】アメリカ海軍アクロバットチーム『ブルーエンジェルス』... ミネソタ州ダルースにて/US Navy "Blue Angels"

青空が恋しくなったのでヒコーキネタを。今回はF/A-18E/F ”スーパーホーネット”に機種変更したというニュースもあったブルーエンジェルスの記録です。 不定期的ながら空軍のサンダーバーズはアジアツアーで日本にも来てくれますが、海軍の方は北米大陸を出て…

【アイルランド】ギネスビール本社工場(ギネス・ストアハウス/Guinness Storehouse)を見学する... ダブリンにて

アイルランドに行った目的はダブリン郊外で行われたエアショーでしたが、ビールをこよなく愛する私としてはギネスビールは外せません。訪れたのはギネス・ストアハウス。 ギネス・ストアハウスとは 公式サイト 場所と行き方 ストアハウス館内へ ミュージアム…

【ノリャンジン】ソウル・鷺梁津水産市場で寒ブリ刺身を食す

コロナ禍のせいで日本に帰省できなかった旧正月、望郷の念もあってノリャンジン(鷺梁津)の魚市場に行ってブリの刺身を堪能してきました。ノリャンジン/鷺梁津水産市場、東京の築地・豊洲に相当する生鮮市場で、老朽化した旧市場から新築建物に移動したと…

【アセラエクスプレス】ワシントンDC~ニューヨーク間をアムトラック鉄道"Acela Express"ビジネスクラスで移動する... バイデン大統領の元通勤路線

アメリカのバイデン新大統領が長年ワシントンDCまで電車通勤していたという記事を読みました。地元デラウェア州からアムトラックで通っていた由。私もこの路線でAcela Expressを利用したことを思い出し、今回はその際の記録を書き留めます。 this.kiji.is 乗…

【イタリア】ランボルギーニ博物館訪問記(3)... プロトタイプとF1, チータ, LM002

経営面では何度もピンチに陥ったランボ。その試行錯誤を伺うことができる部分かも知れません。 プロトタイプとF-1 P140(1988) ジャルパの後継として企画された4L・V10エンジン搭載モデル。ガヤルドの源流と言えるでしょう。車体はリベット留めのアルミモノ…

【イタリア】ランボルギーニ博物館訪問記(2)... カウンタック, ミウラ, ディアブロ, ウラッコ, エスパーダ etc.

Museo Lamborghini/ランボルギーニ博物館訪問記・前編で紹介しきれなかった創業期からディアブロまでのオールドランボの記録です。 350GT(1963-1967) ランボ初の量産モデル。エンジンは、フェラーリがまだOHCだった時代(普通の乗用車はOHVも普通だった)…

【イタリア】ランボルギーニ博物館訪問記(1)... ボローニャ・ランボ本社のミュージアムにて

Lamborghini Museum、イタリア語ではMuseo Lamborghini(ムゼオ・ランボルギーニ)。イタリア、ボローニャ県のサンタアガタ(Sant'Agata)という小さい街にあります。 博物館はランボルギーニ本社に併設されており、私は訪れたのが日曜日だったため無理でし…

【ヨーロッパ寝台列車の旅】パリ~バルセロナ・エリプソス乗車記(3)... 朝の食堂車~バルセロナ到着

パリ~バルセロナへの国際寝台特急"Elipsos"乗車記、今編がラストです。 国境での軌間変更 地中海の朝焼け Gironaに到着 食堂車での朝食 バルセロナ近郊 終点バルセロナ到着 バルセロナ駅 最後に 国境での軌間変更 遠くから響くゴロゴロという音と軽い振動で…

【ヨーロッパ寝台列車の旅】パリ~バルセロナ・エリプソス乗車記(2)... 食堂車でのディナー

ディナーの準備が整ったとのことで食堂車に向かい、無事テーブルを確保。限られたスペースで最大限テーブル数を確保できるよう、席は座面がスプリングで跳ね上がるようになっている。 美しくセッティングされたテーブルに気分が盛り上がる。 いや~、こうい…

【ヨーロッパ寝台列車の旅】パリ~バルセロナ・エリプソス乗車記(1)... 出発&シャワールーム完備の一等寝台個室へ

リフレッシュ休暇で行ったヨーロッパ。フランス、スペイン、ドイツの三カ国を周るというスケジュールの中で”乗り鉄”も楽しむべく、パリからバルセロナは寝台列車で移動した。 憧れだった国際寝台列車に乗れるだけでなく、夜パリで乗車して一泊するとバルセロ…

【エアタトゥー】RIATチケットの購入方法を画面で説明/おすすめの席についての私見

Air Tattoo公式サイトでのチケット購入方法や、色々と選択肢がある中でどのエリアがお薦めかなどを記します。 エアタトゥー公式サイト www.airtattoo.com チケット購入方法 参加日、シャトルバスの要否に、見るエリアや席・贅沢度などをバスケットに入れてゆ…

【エアタトゥー】RIAT会場への行き方... ロンドン~スウィンドン(鉄道)~エアショー会場へ

Air Tattooへの行き方を2017年と2018年に訪れた際の経験を基に書き留めておきます。日本からLHR空港に到着したという想定で、ヒースローエクスプレスのロンドン側ターミナルであるパディントン駅を起点としてRIAT最寄りのスウィンドンに向かいます。ヒースロ…

【エアタトゥー】RIAT・Royal International Air Tattooに行こう!

憧れだったエアタトゥーに2年連続で行った記録です。いや~、話には聞いていましたが、朝から夕方まで世界各国の軍用機がひっきりなしに行うデモフライトに圧倒され、ヒコーキファンには夢のような時間でした。 当記事では、「一度行ってみたいな...」「でも…