P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

【フランス】夕暮れのアルプスで”空飛ぶ花火大会”/グルノーブルエアショーにて

断続的に書いてきたグルノーブルエアショー記事の最後は、日没後に行われたトワイライトフライト編です。

グライダーの展示飛行

こういったエアショーでグライダーが飛ぶのは初めて見ました。牽引機に曳航され、夕暮れの空に上昇してゆきます。


時刻は20:55、上空だと辛うじて日が当たっています。




無動力でも高度・速度エネルギーをしっかり管理しながら自在に飛んでいるように見え、とても知的な趣味に感じます。


ゆったりと優雅にロールも披露。


黄昏を楽しむ

2機の軽アクロ機が黄昏の空に上がります。機種はフランスのMudry CAP10。








日の長いヨーロッパでも、21時半ともなると日が沈みました。


こちらはエアショーとは関係無いプライベート機。

空飛ぶ花火大会

21:40、主翼下にイルミネーションを付けたSwift CG-1が飛行展示を始めます。




暗さをものともせず、翼端から火花を出しながらアクロを行います。






翼端の火花というか花火はマグネシウム?結局10分以上途切れず、最後まで焚き続けていました。








夕闇のアルプスの空を背景に優美に舞います。








唐突に地上からも打ち上げ花火。時刻はそろそろ21:50、アナウンスのフランス語は分かりませんが、会場はそろそろショーの終盤と言った雰囲気になります。


暗い空でも綺麗な旋回。




最後の演技はブレーク。




ここで再び打ち上げ花火。証拠写真程度しか撮れませんでしたが。




最後に

結局、6記事に分けて振り返ったグルノーブルエアショー、SEO的には同じテーマを続けて投稿すべきなのでしょうが、気まぐれに振り返りたいテーマを取り上げるのも個人ブログの醍醐味。特にこのエアショーは変化に富んだ内容だったので気が向いた時にフォルダーの写真を選びながら書くのは楽しいひと時でした。

エアショーの模様は各記事へのリンクは以下記事に貼っていますので、宜しければご覧下さい。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村