P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

旧正月・韓国乗り鉄紀行(3)嶺東線のループ式トンネル線を越えて栄州と堤川へ

ここからは海岸線と別れ、嶺東線で山岳地帯を越えて栄州で中央線に乗り継ぎ、この日の宿泊地、堤川に向かいます。

f:id:Reppa:20220318173005j:plain

嶺東線

その名の通り太白山脈の東に通じる路線。北側の太白線はソウルに直通するムグンファ号も運行されており一定の旅客列車の運行もあるのに対し、嶺東線は一部が大邱に行く程度。旅客列車の運行頻度が少なく、今回スケジュールを組みに際してボトルネックになりました。2012年まで東栢山・道渓間にあったスイッチバックは長大ループトンネルに切り替わりました。

東海⇒栄州

乗車するのは東海11:00発→栄州13:54着のムグンファ号。終着の東大邱には16:05到着というロングラン列車です。
f:id:Reppa:20220318163232j:plain

発車10分前に改札が開きホームに向かいます。あ、改札と書きましたが韓国の長距離列車は信用乗車方式なので切符を見せることはありません。
f:id:Reppa:20220318180057j:plain

徴兵休暇中のお兄さんが写っていますね。
f:id:Reppa:20220318180052j:plain

f:id:Reppa:20220318180810j:plain

韓国では未だ現役のサボ。現有車両の老朽化が進んでいるので遠からず姿を消すものと思います。
f:id:Reppa:20220318180815j:plain

韓国のカニ21。この電源車(韓国語では”발전차/発電車”)も老朽化が進んでいます。
f:id:Reppa:20220318180812j:plain

客車側から見た電源車。”기관실”=機関室とあります。
f:id:Reppa:20220318202505j:plain

ムグンファの車内。
f:id:Reppa:20220318180817j:plain

f:id:Reppa:20220318180807j:plain

地震が殆ど無い韓国ならでは、レンガ造りの車両整備工場を見ながら列車は東海駅を出発します。
f:id:Reppa:20220318182841j:plain

川を渡り列車は山岳地帯へ。
f:id:Reppa:20220318183241j:plain

f:id:Reppa:20220318183425j:plain

基本的には単線で、要所要所の駅で離合します。
f:id:Reppa:20220318183427j:plain

綺麗な水が流れる川沿い。
山間に時々現れる車窓を眺めていると高山本線を思い出します。
f:id:Reppa:20220318183430j:plain

長大ループトンネル(道渓~東栢山)

道渓(トゲ)に到着。ここから東栢山(トンベクサン)は勾配がきつく、2012年まではスイッチバックでした。現在は全長16.2キロのループトンネルとなっています。
f:id:Reppa:20220318183902j:plain

ループ線の説明パネル。
f:id:Reppa:20220318191322j:plain

そして元々のスイッチバック区間は「High 1 Choo Choo Park」という観光施設になっており、SL保存車の運転やレールバイク、宿泊施設もあって楽しめそうな内容なので季節の良いときに行ってみようと思います。

f:id:Reppa:20220318192447j:plain
f:id:Reppa:20220318192450j:plain
f:id:Reppa:20220318192452j:plain
f:id:Reppa:20220318192445j:plain


列車最後尾からの眺め。
f:id:Reppa:20220318194541j:plain

f:id:Reppa:20220318194544j:plain

道渓を出発して少しするとループのかなり手前からトンネル区間に入ります。
f:id:Reppa:20220318194546j:plain

ループ区間を走っていても殆どカーブを感じず少々拍子抜けでした。まあ、スピードアップのため21世紀に建設したトンネルに「難所感」があっては困りますが。
f:id:Reppa:20220318184605j:plain

闇の中を10分ちょっと走りトンネルを抜けます。
f:id:Reppa:20220318194549j:plain

トンネルは将来の複線化も考慮した設計になっています。
f:id:Reppa:20220318194551j:plain

トンネルを出るとすぐに東栢山駅。周辺に何も無いのに矢鱈と立派なのはトンネル管理拠点も兼ねているためでしょう。
f:id:Reppa:20220318194539j:plain

東栢山→栄州

東栢山を出て太白線との分岐を過ぎると、所々で落石防止の覆いもある山深い区間を川沿いに走ります。
f:id:Reppa:20220318200834j:plain

凍てついた山奥の川。
f:id:Reppa:20220318201246j:plain

途中駅で見掛けた石炭の積み出し施設。そもそもこのようなローカル閑線が立派に電化されているのは、この一帯に点在する鉱産物の輸送路線という背景のためです。
f:id:Reppa:20220318201353j:plain

f:id:Reppa:20220318201824j:plain

フランスのゲンコツをライセンス生産したEL。この形式は退役が進んでいます。
f:id:Reppa:20220318201819j:plain

f:id:Reppa:20220318202140j:plain

山奥を走っていたかと思うと突然車窓に現れるプラント。
f:id:Reppa:20220318202148j:plain

近くの駅で見掛けた金属のインゴット。近隣のプラントで精錬されたものだと思います。
f:id:Reppa:20220318202145j:plain

山岳区間を越えて平野に入ると栄州に到着。
f:id:Reppa:20220318202745j:plain

f:id:Reppa:20220318202742j:plain

一部非電化区間が残る中央線を東大邱まで行くこの列車、ここ栄州で牽引機がディーゼルに交代します。
f:id:Reppa:20220318202921j:plain

f:id:Reppa:20220318202918j:plain

栄州⇒堤川(中央線)

次に乗車するのは、この日の第3レグとなる栄州(ヨンジュ)15:25発→堤川(ジェチョン)16:04着ヌリロ号。1時間少々あるので駅前のカフェでマッタリして時間を潰します。
f:id:Reppa:20220318203715j:plain

4方向への路線が交わる栄州駅。
f:id:Reppa:20220318203712j:plain

f:id:Reppa:20220318203717j:plain

この日2度目の日立製200000系電車。たまには洗車してあげてね。
f:id:Reppa:20220318203710j:plain

かなり高速化改良工事が進んだ中央線を堤川まで快走します。
f:id:Reppa:20220318204716j:plain

f:id:Reppa:20220318204718j:plain

堤川にて

立派なガラス張りに建て替えられた堤川駅。
f:id:Reppa:20220318205711j:plain

この日の宿は”엽연초 하우스”、直訳すると「タバコの葉ハウス」というゲストハウス。尋ねてみると元々はこの地方の特産品であるタバコの葉を集積する農協のような施設だったのをゲストハウスや文化施設にリフォームしたものとのこと。しかしと言うか当然ながらと言うか、館内は全面禁煙です。
f:id:Reppa:20220318205937j:plain



市内の中心部。
f:id:Reppa:20220318205929j:plain

f:id:Reppa:20220318205942j:plain

f:id:Reppa:20220318205939j:plain

夕食は”산골식당”=山奥食堂という大衆的な店でユッケジャンを食べます。
f:id:Reppa:20220318205934j:plain

おかず食べ放題で7000ウォンは有難い。焼酎が進みます。
f:id:Reppa:20220318205931j:plain

外は極寒でしたがユッケジャンと焼酎で暖まり、ゲストハウスの快適な部屋で熟睡でした。

<Prev.

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ