P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

ブライトリング・ジェットチームのアクロバット飛行/フランス・グルノーブルエアショーにて

結局日没後の22時までフライトが行われたグルーノーブルエアショー、日が沈むタイミングで現れたのはブライトリング・ジェットチームの6機。民間チームという言い訳などは不要、各国空軍のアクロバットチームに遜色無いフライトを夕暮れのアルプスをバックに披露してくれました。
f:id:Reppa:20220327190248j:plain

Breigtling Jet Teamについて

ブライトリングがApache Aviationというフランスの民間アクロバットチームの専属スポンサーになって運用されていましたが2019年を以て契約は終了。但しブライトリングとの関係は残り、共同スポンサーを募集中の模様。2013年のアジアツアーでは日本にも飛来し、福島や神戸で飛んだのでご覧になった方もいらっしゃると思います。
f:id:Reppa:20220327150551j:plain

使用機体

チェコのアエロ・L-39 アルバトロス練習機/攻撃機。3千機近く生産された優秀な機体であります。チェコは東欧の工業先進国で、下の写真はプラハ郊外のチェコ空軍博物館で撮影したものです。旧ソ連機とは一味違う垢抜けた造形が印象的でした。
f:id:Reppa:20220327153814j:plain

パイロット

やはりフランス空軍出身のパイロットが多く、パトルイユ・ド・フランスの元メンバーもいます。リーダーのジャック・ボツラン氏は「空軍のパイロットになれなかったので自らチーム立ち上げた」そうで、空軍パイロットよりもある意味凄い。

グルノーブルでのブライトリング・ジェットチーム

20半過ぎに現れた6機のL-39。夏のフランスでもこの時間になると日は山の向こうに隠れ、フライトは夕焼けの空で行われました。
f:id:Reppa:20220327154804j:plain

本来7機編成の筈ですがこの時は6機でのフライト(アナウンスがフランス語のみということもあって理由は不明)。
f:id:Reppa:20220327154936j:plain

山側に回り込んで一気に上昇してループ。
f:id:Reppa:20220327161050j:plain

f:id:Reppa:20220327161052j:plain

f:id:Reppa:20220327161047j:plain

演技構成はヨーロピアンスタイル。前半は全機揃って隊形を変えながらの編隊飛行が続きます。
f:id:Reppa:20220327161442j:plain

f:id:Reppa:20220327161437j:plain

f:id:Reppa:20220327161440j:plain

f:id:Reppa:20220327161602j:plain

カツカツにまでは間隔を詰めずに隊形美を見せるのがヨーロピアン。
f:id:Reppa:20220327161636j:plain

f:id:Reppa:20220327161805j:plain

f:id:Reppa:20220327161807j:plain

f:id:Reppa:20220327161810j:plain

f:id:Reppa:20220327161812j:plain

f:id:Reppa:20220327161802j:plain

f:id:Reppa:20220327162022j:plain

f:id:Reppa:20220327162024j:plain

6機編成でも5+1機に分かれたりと、間延び感を与えない構成の工夫があります。
f:id:Reppa:20220327184225j:plain

f:id:Reppa:20220327162019j:plain

f:id:Reppa:20220327184357j:plain

f:id:Reppa:20220327191931j:plain

f:id:Reppa:20220327184603j:plain

f:id:Reppa:20220327184453j:plain

f:id:Reppa:20220327184448j:plain

f:id:Reppa:20220327185042j:plain

f:id:Reppa:20220327185136j:plain

f:id:Reppa:20220327185040j:plain

民間チームでも空軍チーム顔負けの気合の入ったクロス。
f:id:Reppa:20220327185409j:plain

時刻は21時前、撮影条件は厳しさを増します。
f:id:Reppa:20220327185407j:plain

細かいことですが、機体の姿勢が変わってもスモークがプスプスと途切れないことにも感心しました。
f:id:Reppa:20220327185806j:plain

f:id:Reppa:20220327185808j:plain

f:id:Reppa:20220327185811j:plain

f:id:Reppa:20220327185814j:plain

f:id:Reppa:20220327185803j:plain

こういった光景は日没を挟んだトワイライト条件ならでは。
f:id:Reppa:20220327190216j:plain

f:id:Reppa:20220327190458j:plain

f:id:Reppa:20220327190455j:plain

f:id:Reppa:20220327190614j:plain

大技を見せた4機が去るタイミングで前方から2機が進入。
f:id:Reppa:20220327190650j:plain

f:id:Reppa:20220327190856j:plain

f:id:Reppa:20220327190902j:plain

f:id:Reppa:20220327190854j:plain

f:id:Reppa:20220327191038j:plain

f:id:Reppa:20220327191035j:plain

4+2機に分かれてからの繋がりの良さも素晴らしい。
f:id:Reppa:20220327191304j:plain

f:id:Reppa:20220327191301j:plain

f:id:Reppa:20220327191528j:plain

f:id:Reppa:20220327191934j:plain

f:id:Reppa:20220327191936j:plain

f:id:Reppa:20220327191939j:plain

2機に見とれていたら前方からの4機が一気に上昇するのに気付かず撮り逃し...。
f:id:Reppa:20220327192319j:plain

f:id:Reppa:20220327192535j:plain

f:id:Reppa:20220327192537j:plain

f:id:Reppa:20220327192532j:plain

山の陰はどっぷり日没。
f:id:Reppa:20220327192733j:plain

f:id:Reppa:20220327192730j:plain

f:id:Reppa:20220327192918j:plain

f:id:Reppa:20220327193044j:plain

f:id:Reppa:20220327193006j:plain

”フィナーレ”はイタリア語だったかな。それはともかく、周りのフランス人の雰囲気からもそろそろ大団円のようです。
f:id:Reppa:20220327193218j:plain

そしてパカーンと散開。
f:id:Reppa:20220327193309j:plain

ラストは見事にタイミングを合わせてフレアを撒きます。
f:id:Reppa:20220327194825j:plain

最後に

せっかく晴天に恵まれたグルノーブルだったので昼間に見たかったなとこの時は思いました。しかし、改めて写真を見返すとトワイライト条件でジェット機のアクロバットを見るという貴重な機会でありました。

グルノーブルエアショーまとめ編

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村