P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

【湘南乗り鉄】江ノ電と湘南モノレールで藤沢・江ノ島から大船へ

江ノ電乗り鉄の後編と、湘南モノレール乗車記です。鎌倉高校前から藤沢に向かいます。

前編... 鎌倉~稲村ケ崎


f:id:Reppa:20210814185407j:plain

Image:江ノ電/www.enoden.co.jp

鎌倉高校前~藤沢

鎌倉高校前で再び乗車して藤沢方面へ。とりあえず江ノ電全線を乗車すべく江の島は一旦通過して藤沢に向かいます。

f:id:Reppa:20210814210248j:plain

板張りの床が味わい深い車内。

f:id:Reppa:20210814210244j:plain

江の島を過ぎると普通の住宅地を走ります。

f:id:Reppa:20210814210251j:plain

運転台の扇風機。

f:id:Reppa:20210814210302j:plain

f:id:Reppa:20210814210255j:plain

f:id:Reppa:20210814210259j:plain

高架を登り...

f:id:Reppa:20210814210306j:plain

藤沢に到着。

f:id:Reppa:20210814210310j:plain

f:id:Reppa:20210814210314j:plain

昭和の雰囲気を残すかまぼこ型屋根やパタパタ式の案内表示が素晴らしい。

f:id:Reppa:20210814210237j:plain

f:id:Reppa:20210814210234j:plain

藤沢駅にて

落ち着いた雰囲気の藤沢駅前。

f:id:Reppa:20210814212524j:plain

昼は駅ビルでふらっと入ったラーメン屋でチャーシュー麺をガッツリ食べます。まずまずの味だったと記憶していますが、せっかく訪れた神奈川県、今だったら家系ラーメンに行くことでしょう。

f:id:Reppa:20210814212528j:plain

カミサンは何だか凶暴な赤のラーメンを食っておりました。

f:id:Reppa:20210814212532j:plain

腹ごしらえを終えて江ノ電のホームに向かいます。

f:id:Reppa:20210814212536j:plain

f:id:Reppa:20210814212517j:plain

f:id:Reppa:20210814212520j:plain

藤沢~江ノ島

乗る度に色が違うのが楽しい江ノ電。

f:id:Reppa:20210814214302j:plain

鵠沼で境川を渡ります。

f:id:Reppa:20210814214306j:plain

f:id:Reppa:20210814214310j:plain

江ノ島駅にて

f:id:Reppa:20210814214324j:plain

f:id:Reppa:20210814214317j:plain

2両編成が1ユニット。多客期だからか全て2+2=4両での運行でした。

f:id:Reppa:20210814214313j:plain

中間は連接構造。小田急の影響でしょうか。

f:id:Reppa:20210814214320j:plain

f:id:Reppa:20210814214258j:plain

一応ビーチを見て、駅に戻ります。

f:id:Reppa:20210814215518j:plain

f:id:Reppa:20210814214328j:plain

湘南モノレール

一見物流センターのような外観の湘南江ノ島駅~大船はモノレールに乗ります。これも乗車を楽しみにしていた区間です。

f:id:Reppa:20210814220232j:plain

f:id:Reppa:20210814220243j:plain

連結器は車両前面の"額"の部分に付いています。当然と言えば当然ですが、力が掛る部分はなるべくレールに近い位置が望ましいのでしょう。 

f:id:Reppa:20210814220236j:plain

車両上部の台車(に相当する部分)。

f:id:Reppa:20210814221142j:plain

f:id:Reppa:20210814221139j:plain

車両底面とホーム床面はかなり近いように見えます。

f:id:Reppa:20210814220240j:plain

発車します。

f:id:Reppa:20210814220247j:plain

f:id:Reppa:20210814220250j:plain

空いているので運転台後ろからの眺望を楽しみます。
ルートは県道の真上を通る区間が多いようです。

f:id:Reppa:20210814220255j:plain

地上すれすれの区間もあります。

f:id:Reppa:20210814220259j:plain

駅部分だけは軌道下に床面が設けられています。

f:id:Reppa:20210814220302j:plain

「鎌倉山隧道」というトンネルもあります。

f:id:Reppa:20210814220307j:plain

f:id:Reppa:20210814220310j:plain

支柱に標識が描かれています。f:id:Reppa:20210814220315j:plain

カーブで傾くのも楽しい。

f:id:Reppa:20210814220320j:plain

退屈する暇もなく大船に到着。

f:id:Reppa:20210814220325j:plain

f:id:Reppa:20210814220225j:plain

乗車した列車は折り返しで車体を傾けながら発車してゆきます。
一般的な鉄道や多くのモノレールとは違って真下が見えるので、三次元的な乗車感を楽しめる湘南モノレールでした。

f:id:Reppa:20210814221146j:plain

大船駅にて

f:id:Reppa:20210814223449j:plain

江ノ電と湘南モノレールをテーマにした絵画展の作品。

f:id:Reppa:20210814224519j:plain

中には前衛的な(?)作品もあります。

f:id:Reppa:20210814224516j:plain

f:id:Reppa:20210814224508j:plain

金賞受賞作品。素晴らしい。

f:id:Reppa:20210814224512j:plain

そして15時半頃、大船から東京方面へ帰還。充実した湘南乗り鉄の一日でした。

f:id:Reppa:20210814223453j:plain

余談

この後は東京東部の義妹宅に戻って早目に夕食を済ませ就寝。翌日はAM3:00に起床し近くのタイムズに停めてあった愛車で4:00に出発。

早朝4時半の首都高。

f:id:Reppa:20210814231235j:plain

f:id:Reppa:20210814231240j:plain

一応お約束でユーミンを聞きながら中央フリーウェイを名古屋方面へ。

f:id:Reppa:20210814231243j:plain

5時を過ぎると空が明るくなってきました。

f:id:Reppa:20210814231231j:plain

昼前には愛知県の自宅に到着。早起きはキツいものの一度も渋滞に巻き込まれず快適なドライブでした。