P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

【龍門寺】今年も秋の山寺で銀杏の巨木を見て山菜料理を味わう

今年もソウルの東、楊平郡(ヤンピョン郡)にある龍門寺(용문사/ヨンムンサ)に銀杏の巨木や紅葉の見物、そして山菜料理を食べに行ってきました。

f:id:Reppa:20211107214330j:plain


昨年訪問時の記録

昨年は10月下旬に訪問。銀杏の巨木だけ黄葉していませんでした。

p-sign123.jp

龍門寺の場所

ソウル中心部から東に約60㎞、列車の場合は中央線急行で40分。



清涼里で中央線に乗車

向かう方角は異なるものの、ソウル駅を東京駅とするなら上野駅といった存在の清涼里駅。

f:id:Reppa:20211107195554j:plain

f:id:Reppa:20211107195557j:plain

f:id:Reppa:20211107195600j:plain


往路は安東行き電車急行、11:34発のヌリロ号を利用します。所要時間は40分。

f:id:Reppa:20211107195602j:plain

車両は日立製。

f:id:Reppa:20211107195605j:plain

車内は満席。立ち席客も多数いました。

f:id:Reppa:20211107195608j:plain

出発して20分程経つと長閑な車窓風景が広がります。

f:id:Reppa:20211107195611j:plain

今回は4人で行ったこともあり龍門駅からはタクシーを利用。所要時間は20分ちょっと、料金は14,000ウォンでした。

f:id:Reppa:20211107195551j:plain

寺の手前からはドライブ客で大渋滞なので手前でタクシーを降り、徒歩で到着。

f:id:Reppa:20211107201100j:plain

本堂へ

一人2,500ウォンを払い入場します。

f:id:Reppa:20211107201347j:plain

観光案内所も銀杏であります。

f:id:Reppa:20211107201345j:plain

本堂へはなだらかな坂を20分ほど登ります。

f:id:Reppa:20211107201352j:plain

f:id:Reppa:20211107201343j:plain

もみじも実に綺麗でした。

f:id:Reppa:20211107201349j:plain

f:id:Reppa:20211107201401j:plain

f:id:Reppa:20211107201403j:plain

f:id:Reppa:20211107201358j:plain

山門に到着。後ろに見えるのが銀杏の巨木。

f:id:Reppa:20211107202134j:plain

鮮やかな色彩の仁王像。

f:id:Reppa:20211107203112j:plain

f:id:Reppa:20211107203109j:plain

樹齢1100年のイチョウ

高さ42メートルの巨木は天然記念物にも指定されています。
今年はしっかり黄葉していました。

f:id:Reppa:20211107203651j:plain

f:id:Reppa:20211107203647j:plain

もうかなり落葉しており、下は黄色い海のようになっています。

f:id:Reppa:20211107203645j:plain

因みに、昨年の10月下旬はこんな感じでした。

f:id:Reppa:20211107214828j:plain


本堂周辺も少し散策。

f:id:Reppa:20211107204425j:plain

f:id:Reppa:20211107204428j:plain

f:id:Reppa:20211107204430j:plain


そろそろ下りようかと思った刹那、やや強い風が吹きハラハラと葉が舞います。

f:id:Reppa:20211107204417j:plain

ほんの数秒でしたが息を飲む美しさでした。

f:id:Reppa:20211107204415j:plain

絶品の山菜料理に舌鼓

紅葉と並び、こちら龍門寺の魅力が滋味溢れる山菜料理、特にこのキノコ鍋は絶品であります。

f:id:Reppa:20211107205500j:plain

我々の行きつけはこちらの황해식당/ファンヘシクタン(黄海?食堂)。

f:id:Reppa:20211107205455j:plain

店先ではおばさんがチヂミを焼いています。

f:id:Reppa:20211107210158j:plain

f:id:Reppa:20211107205452j:plain


各種ナムルなどのおかず系も実に旨い。

f:id:Reppa:20211107205512j:plain

山菜のチヂミ。

f:id:Reppa:20211107205516j:plain

マッコリよりさっぱりした味のトンドンチュが進みます。

f:id:Reppa:20211107205507j:plain

f:id:Reppa:20211107205505j:plain

黒っぽいのはヌンイ/능이という、ちょっとトリュフにも通じる独特の香りがあるキノコ。これだけでもここまで食べに来る価値があります。

f:id:Reppa:20211107205522j:plain

この日は4人だったので2セット目に突入。ジャガイモのチヂミと...

f:id:Reppa:20211107205519j:plain

더덕/トドクという桔梗の根と牛肉のブルゴギを追加。

f:id:Reppa:20211107205525j:plain

f:id:Reppa:20211107205531j:plain


これも独特の野性的な風味があります。

f:id:Reppa:20211107205534j:plain

最後は鍋に米を投入してポックムパプ(炒め飯)で〆ます。

f:id:Reppa:20211107205537j:plain


でかいトンドン酒×2と焼酎も飲んでこれだけ食べて勘定は95,000ウォン。一人円換算だと一人2,500円もしないのは韓国の物価感でも安い。

f:id:Reppa:20211107205458j:plain

急行ムグンファ号でソウルへ

帰路は路線バスで龍門駅へ。

f:id:Reppa:20211107212402j:plain

列車の出発まで時間があるので街を散策。

f:id:Reppa:20211107213222j:plain


チキン屋でビールを飲みながら軽く2次会。

f:id:Reppa:20211107212404j:plain

隣ではいかにもビール好きといった風情のオッサンがグビグビ飲んでいます。

f:id:Reppa:20211107213224j:plain

f:id:Reppa:20211107212408j:plain


19:26発→清涼里20:05着の客車急行ムグンファ号でソウルに帰還。

f:id:Reppa:20211107212413j:plain

韓国では今もサボが使われています。

f:id:Reppa:20211107212418j:plain

その他

中央線の龍門へは往路のヌリロ号、復路のムグンファ号は10日ほど前に指定券を取りましたがどちらも残席僅かでした。優等列車で行くなら早めに予約することをお勧めします。しかし、片道70分掛かりますが(プラス30分)通勤電車でも行けます。