P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

元ANA「モヒカンジェット」,エアドゥ「ベアDoジェット」JA602Aが退役

AIR DOで運用されているレジ番JA602Aのボーイング767-300が今年末で退役するというマニアックな記事を先日ヤフーニュースで見掛けました。

f:id:Reppa:20210916124154j:plain

2017年11月、一時帰国した際の羽田にて。


現在はベアDoジェットの愛称で親しまれているJA602A、元々はANAで運用され、2009年~2014年にかけては旧全日空の特別塗装を施した「モヒカンジェット」でした。

f:id:Reppa:20210916145429j:plain

2012年12月、セントレアにて。


前から見ると「モヒカン」のニックネームに頷けます。機体上面にラインを入れたデザインは珍しいのではないでしょうか。鼻先の黒丸にもレトロを感じます。

f:id:Reppa:20210916162300j:plain


側面のチートラインも素敵です。f:id:Reppa:20210916162303j:plain

f:id:Reppa:20210916162305j:plain

f:id:Reppa:20210916162313j:plain

この時は寒風吹きすさぶスカイデッキで震えながら写真を撮った記憶があります。f:id:Reppa:20210916162315j:plain

2011年1月、伊丹空港にて。f:id:Reppa:20210916162250j:plain

ダ・ヴィンチのヘリ構想イラストがシンボルマークだった旧全日空シンボルマーク。ANAの便名コードである”NH”は旧前身会社の一つ「日本ヘリコプター」の頭文字というのも有名な話です。f:id:Reppa:20210916162253j:plain

JALは鶴丸を捨て、太陽のアーク(通称”JAノL”)だった時期でした。f:id:Reppa:20210916162255j:plain

雑然とした背景が何となく高度成長期っぽいかなと思っているショット。f:id:Reppa:20210916162258j:plain

続いては2014年1月の伊丹空港にて。f:id:Reppa:20210916162318j:plain

改めて見返すとモヒカンジェットとの遭遇は何故か冬ばかりでした。f:id:Reppa:20210916162324j:plain

写真を並べて見ると、今のANAカラーの水色部分がモヒカン時代のブルーを受け継いだものだと分かります。f:id:Reppa:20210916162243j:plain

この時、2014年1月12日はANAがジャンボ退役を記念して久々に伊丹に747を飛ばしてくれた日でした。モヒカンジェットがこの日伊丹便にアサインされたのもANAの遊び心だったのかも知れません。f:id:Reppa:20210916162240j:plain

天候も良く、伊丹でのスポッティングを満喫した一日でした。

p-sign123.jp

f:id:Reppa:20210916162232j:plain

JA602Aの導入は1997年12月なので、運行開始から24年間での退役ということになりますが、現代のジェット旅客機としては平均的な年数です。f:id:Reppa:20210916124250j:plain