P sign

旅や乗り物、韓国生活についてソウル在住の大阪人が綴るブログ。

韓国乗り鉄・(4)順天==>益山==>大田/ローカルディーゼルカー&再びKTX

韓国では珍しい普通型ディーゼルカー。順天駅にて。

 

f:id:Reppa:20210405204505j:plain

 

 

順天~益山(スンチョン~イクサン)

f:id:Reppa:20210405205409g:plain

 

順天で全羅線のムグンファ号に乗り換えて次の乗り換えポイントである益山(イクサン)に向かう。

 

全羅道は金大中が大統領になるまで何かと冷遇され続けた地域で、光州事件が起きた光州市は全羅南道にある。 そういった不幸な歴史がある一方、海あり、山あり、平野ありという地形から多様な食材に恵まれていることもあって食べ物が旨い地域とされている。

 

順天駅にて。 乗車するのは11:20順天発==>13:14益山着のムグンファ号。

f:id:Reppa:20210405205553j:plain

 

 

ムグンファ号なのでまた客車列車が来ると思っていたのだがディーゼルカーが入線してきた。車両鉄である私としては一種類多く乗車できるのでこれは嬉しい。

f:id:Reppa:20210405205600j:plain

 

 

海沿いの麗水(ヨス)が始発駅、終着駅は益山。全羅線をスルーで踏破する列車だ。

f:id:Reppa:20210405205603j:plain

 

 

畑や果樹園が広がる中をディーゼルカーは快調に走る。

f:id:Reppa:20210405205607j:plain

 

 

走っている線路は近年新たに敷設されたもののようで、並行する廃線跡を見ることのできる区間もあった。

f:id:Reppa:20210405205611j:plain

 

 

童話に出てくるような、何だか良く分からない建物。

f:id:Reppa:20210405205617j:plain

 

 

斜面に土が盛り上がったように見えるのは墓。 韓国では土葬が一般的である。

f:id:Reppa:20210405205620j:plain

※2021年4月追記: 不動産価格急騰による墓地不足もあって、近年は火葬が一般的になりました。

 

 

この車両は'90年代後半に通勤列車用として作られたのを最近急行型に改造したもの、2010年に改造されたばかりなので車内はまだピカピカだった。

f:id:Reppa:20210405205614j:plain

 

 

隣の車両にはスナックコーナーがあり、自販機とカウンターが備えられている。

f:id:Reppa:20210405205623j:plain

 

 

また、同じ車両の半分はロングシートの客室になっている。

f:id:Reppa:20210405205521j:plain

 

 

韓国らしい造りの南原(ナムウォン)駅。

f:id:Reppa:20210405205525j:plain

 

 

軌道検査用の車両。

f:id:Reppa:20210405205530j:plain

 

 

終点の益山に近づくと高層アパートが目に付くようになってくる。韓国では一戸建てよりもアパートの方が人気があり、ちょっとした規模の町でも高層アパートが何棟も建っている。

f:id:Reppa:20210405205536j:plain

 

 

益山到着直前の車窓より。民家の向こうには怪しいホテルが林立しており、岐阜駅近辺に何となく似ている。

f:id:Reppa:20210405205539j:plain

 

 

こじんまりした平屋造りの益山駅。

f:id:Reppa:20210405205542j:plain

 

 

益山駅前で見掛けた、何ともいえない色のタクシー。

f:id:Reppa:20210405205547j:plain

 

 

益山のショッピングストリート。

f:id:Reppa:20210405211032j:plain

 

 

一体何故?と聞きたい、ドクロがテーマのおばさん。

f:id:Reppa:20210405211120j:plain

 

 

たこ焼き屋もあって日本にそっくりな雰囲気の商店街。

f:id:Reppa:20210405211126j:plain

 

 

そんなに治安が悪いのか?厳重な鉄格子にガードされている自販機。

f:id:Reppa:20210405211123j:plain

 

 

左下に書かれているハングルは「世界の中心、益山」。パリから8,851km、ミューヨークから11,061km、北京から920kmなど、世界の中心と言う意味が全く分からない。

f:id:Reppa:20210405211130j:plain

 

 

CDショップの店頭では、窓の内側に貼ったポスターと窓の間にトカゲが入り込んだままミイラ化していた。

f:id:Reppa:20210405211134j:plain

 

 

街にはこれといって入りたい食べ物屋がなかったので駅に戻って昼飯を食べることに。 待合室の前にあった古宮という店でビビンバを食べる。

f:id:Reppa:20210405211529j:plain

 

 

この地域のチェーン店のようだが、流石はビビンバ発祥の地全州らしく、具がしっかりしていてとても旨かった。

f:id:Reppa:20210405205550j:plain

 

 

益山~大田

f:id:Reppa:20210405211738g:plain

 

益山で西大田経由、ソウル/龍山(ヨンサン)行きのKTXに乗り換える。 ソウルに行きたい人であれば普通はこの列車を通しで乗るところだが、今回我々は最後にセマウル号に乗るというミッションがあるので敢えて西大田で途中下車する。

 

 

益山14:51発==>西大田15:40着 この区間は在来線軌道なのでKTXに乗る意味は無いのだが、今回は新型のKTXサンチョンではなくTGVタイプの古い車両に乗るために敢えてこの列車を選んだ。

f:id:Reppa:20210405211941j:plain

 

 

列車を待っているとセマウル号が入線してきた。

f:id:Reppa:20210405211922j:plain

 

 

前から薄々思っているのだが、セマウル号の車両は中央が微妙に盛り上がるように歪んで見える。

f:id:Reppa:20210405211925j:plain

 

 

元々は食堂車だった車両。 残念ながら今は食堂営業は廃止され、売店などを営業しているのみ(詳しくは次項参照)。

f:id:Reppa:20210405211929j:plain

 

 

我々が乗るKTX510号が入線してきた。 あれっ、車両は前日乗った新しいKTXサンチョンではないか・・・ 普通の利用者は新しいタイプが来れば嬉しいのだろうが、こういうアップグレードはご免蒙りたいものだ。

f:id:Reppa:20210405211933j:plain

 

 

これが本来乗りたかった古いTGVタイプの車両。

f:id:Reppa:20210405212302j:plain

 

2010年、ヨーロッパ出張の際にパリ東駅で撮った本家TGV(右側)。ライトの形など、ノーズ部分のデザイン以外はKTXとほぼ同じであることが分かる。

f:id:Reppa:20210405212403j:plain

 

 

西大田駅に到着。新大阪のようなロケーションの駅で、大田まで歩くのはちょっと厳しいかなと思う程度の距離がある。韓国はタクシー代が安いので大田駅にはタクシーで向かう。

f:id:Reppa:20210405211936j:plain

 

 

(5)に続きます。

p-sign123.jp