P sign

旅や乗り物、韓国生活についてソウル在住の大阪人が綴るブログ。

【海外エアショー】アメリカ海軍アクロバットチーム『ブルーエンジェルス』... ミネソタ州ダルースにて/US Navy "Blue Angels"

青空が恋しくなったのでヒコーキネタを。今回はF/A-18E/F ”スーパーホーネット”に機種変更したというニュースもあったブルーエンジェルスの記録です。

 

f:id:Reppa:20210328192250j:plain

 

 

不定期的ながら空軍のサンダーバーズはアジアツアーで日本にも来てくれますが、海軍の方は北米大陸を出ても精々ハワイまで、こちらから見に行くしかありません。1971年、小牧で飛んだのは歴史的でもあり黒歴史でもあり...

 

それはともかく、念願叶って私が初めて見たのはここで記す2017年6月、ミネソタ州ダルースで開かれたエアショーでした。サンダーバーズは2009年のソウルエアショーと2018年のRIATで見ましたが、いつか本拠地のネリスでも見てみたいものです。

 

 

2017年 RIATでのバーズ

 

2009年 ソウルエアショーでのバーズ

 

Duluth Airshow公式サイト

duluthairshow.com

  

朝のエプロン

エアショーの一般客入場前にエプロンに入るツアー(有料)に参加し、朝一の準備を見て歩きます。「朝のエプロン」って書くと、ちょっと別の意味にもなりそうだな。

f:id:Reppa:20210327165820j:plain

 

 

バーズとは違って国籍マークが入っていません。

f:id:Reppa:20210327170239j:plain

 

 

燃料は空港のタンクローリーから給油していました。

f:id:Reppa:20210327170321j:plain

 

 

美しく磨かれた機体。

f:id:Reppa:20210327170730j:plain

 

 

午後のフライトを前に地上クルーと談笑するPさん。

f:id:Reppa:20210327170803j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210418210947j:plain

 

 

テイクオフ

バーズ同様、タキシング前に行うスモークチェックも見どころの一つ。

f:id:Reppa:20210327171755j:plain

 

 

エンジン双発だけあって、痺れる轟音。

f:id:Reppa:20210327172221j:plain



演技の構成はブルーインパルスと似ており、離陸した1~4番機はループを経て観客の前をパスし「ご来場の皆様に挨拶」。

f:id:Reppa:20210327172453j:plain

 

 

間隔の近さへの執着は凄まじく、ループ中も”密集”と言ってよさそうな隊形を崩しません。これを演技の最初から最後まで維持する集中力に脱帽。

f:id:Reppa:20210327173235j:plain

 

 

5番機のテイクオフ。

f:id:Reppa:20210327173343j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210327173339j:plain

 

 

「ここで、本日のパイロットをご紹介します」ってな感じで本日のナレーター氏。次期パイロットなのかは不明ですがユニフォームは”7番”が入った飛行服。観客の前でユーモアやジェスチャーを交えながら、軍人らしいはきはきとした口調のアナウンスが素晴らしい。また、空でクロスなどの大技を決めると観客席の子供達とハイタッチしたりと、アメリカらしいテンションでした。

f:id:Reppa:20210327200136j:plain

 

 

迫力のアクロバット飛行

因みに、英語では"acrobat"でも通じますが、こういった場合は"aerobat"、形容詞では"aerobatic"と言うのが無難です。

 

先ずは名刺代わりの密集デルタ隊形。

f:id:Reppa:20210410235402j:plain

 

 

バレルロール中も密集隊形を崩しません。

f:id:Reppa:20210327223639j:plain

 

 

キレキレのボントンロール。

f:id:Reppa:20210327223728j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210327223756j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210327223907j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210327224219j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210327224539j:plain

 

 

機体のロール角を変えながら、クロスは4~5回やったような気がします。

f:id:Reppa:20210328145520j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210328145516j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210328145511j:plain

 

 

ブルーズと言えばこの隊形を思い浮かべる方も多いのでは。

f:id:Reppa:20210328150303j:plain

 

 

3機で行う科目は無くて、4&1+1、5&1、6機全部の科目という構成です。

f:id:Reppa:20210328150837j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210328150841j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210328150844j:plain

 

 

ブルーのチェンジオーバーループと同じですね。トレイルからダイアモンドに隊形を変えます。

f:id:Reppa:20210328151232j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210328151236j:plain

 

 

垂直に達したところで散開。

f:id:Reppa:20210328151538j:plain

 

 

一番感心したのがこの科目。

f:id:Reppa:20210328151720j:plain

 

 

ビタビタの間隔で#5と#6が360度ロールを決めます。初め見た時は何が起こっているのか、頭では分かっていても「一体これは??」でした。

f:id:Reppa:20210328151717j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210328152113j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210328152116j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210328152109j:plain

 

 

低速でパスする2機。練習機系(T-50ブラックイーグルスを除く)では行われない演技なので、アフターバーナー付きハイパワー機ならではの演技なのでしょう。

f:id:Reppa:20210328152344j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210328152348j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210328152352j:plain

 

 

ソロでの高機動飛行。更にパワフルなスパホは何を見せてくれるのか。

f:id:Reppa:20210328153003j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210328153006j:plain

 

 

終盤は6機での演技。

f:id:Reppa:20210328153244j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210328153249j:plain

 

 

会場上空に四方から進入しズバズバとクロス。

f:id:Reppa:20210328153252j:plain

 

 

やはり最後はこれ。会場の盛り上がりは最高潮に達します。

f:id:Reppa:20210328153255j:plain

 

 

順にピッチアップして着陸。

f:id:Reppa:20210328153241j:plain

 

 

着陸

興奮の余韻が残る会場に帰還。

f:id:Reppa:20210328155359j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210328155403j:plain

 

 

ノリもクルマもアメリカン。

f:id:Reppa:20210328155953j:plain



がっちり握手して敬礼してフライト終了。

f:id:Reppa:20210328155410j:plain

 

 

f:id:Reppa:20210328155349j:plain

 

 

ブルーズのパイロットは伝統的にGスーツ無し、酸素マスクも無しで展示飛行を行います。「冬も半ズボンで通す小学生」的な美学?

f:id:Reppa:20210328155352j:plain

 

目ぼしい観光地の無い(失礼...)ミネソタまで行った甲斐があった、ダルースエアショーのブルーエンジェルスでした。 

 

ブルーズ以外のフライト

 

p-sign123.jp