P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

沖縄旅行の記録(4)美ら海水族館,古宇利島大橋,居酒屋「ちゅらさん亭」

巨大水槽を泳ぐジンベエザメだけでなく、美しい沖縄の海に面したロケーション、未来のさかなクンも楽しめそうな解説や体験コーナーも充実していて、流石は入場者数が日本一というのも納得の水族館であります。

美ら海水族館

この日も那覇からレンタカーで訪れました。









先ずは「オキちゃん劇場」と銘打ったイルカショーを見ます。これ、晴天で見たら青い海が背景になって最高でしょうね。











イルカショーを見た後は館内に入ります。



珊瑚礁と熱帯魚。







掃除を見せてくれるのも楽しい。



これは一昨日居酒屋で刺身を食べたイラブチャー?



ジンベエザメがいる巨大水槽。







順路に沿って進むと、巨大水槽を上からも見ることができるのですが、これを見ると建設~維持管理までの大変さと、水族館の入場料が安くないことも納得できます。





こちらは人を襲うこともあるオオジロザメ。









ダイオウイカの標本。



リュウグウノツカイ。



ウバザメの頭部。





マンボウのものだったか、クラゲと間違えてビニールゴミを飲み込んでしまった胃袋。



ヌタウナギの標本は触れることができました。これ、韓国で好んで食べられる魚で、私も食べたことがあります。



こちらは韓国で食べたヌタウナギの炭火焼。



興味のある方はどうぞ。私は一回で充分です。



深海の圧力で縮んだカップ。



研究チームにブタメン好きな人がいたんでしょうね。



海の向こうに見えるのは伊江島。

古宇利島大橋

伊江島は船でしか渡れませんが、近くの古宇利島へは橋が架かっているので行ってみます。









ここ、Googleストリートビューで見ると天気が良ければびっくりするほどのエメラルドオーシャンなんですよね。



どんより曇った空が残念でした。

那覇「ちゅらさん亭」

本日はこちらで一杯やります。






カウンター席の目の前には青い水槽。なんだか美ら海水族館みたいだな。



魚系が充実しています。





刺身は盛り合わせでお願いしました。



これ、ハマダイ(アカマチ)だったかなぁ。「これ、めちゃ旨いっすね」と言ったら「でしょ、高級魚なんですよ」とのこと。コリコリした食感の皮とアマダイのような白身が実に美味でした。



パパイヤのチャンプルー。



ハリセンボンの唐揚げ。



モチモチというかトロトロのフグといった感じで酒が進みます。



牧志市場で売られていたハリセンボン。


小鉢系も良い感じでした。


ゴーヤドライなる発泡酒。確かにゴーヤの苦みが効いていました。



キモカワイイ「ゴーヤーマン」


カミサン共々すっかり出来上がってゲストハウスに戻ります。



国際通りのドンキ。酔いで気が大きくなっていらんものを買いそうになりますが、何とか理性が働いて通り過ぎました。

沖縄旅行編、次編はおきなわワールドです。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村