P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

【イタリア】フェラーリ博物館訪問記(6)モデナ・エンツォ・フェラーリ博物館

モデナ駅から徒歩10分程度の街中、エンツォ・フェラーリの生家があった場所にあります。常設の展示物はエンツォに関するものだけでなくエンジンやマセラティやデ・トマソなどの他社に関する展示など、資料価値の高そうなものも充実しています。
f:id:Reppa:20220220153416j:plain

やはりこちらでも、急逝したマルキオンネさんへの弔意として半旗が掲げられていました。
f:id:Reppa:20220225225759j:plain

f:id:Reppa:20220220152018j:plain

エントランスホールにて

f:id:Reppa:20220220153456j:plain

f:id:Reppa:20220220154258j:plain

エンツォの父アルフレードが乗っていた1903年のド・ディオン・ブートンの同型車。6歳のエンツォが初めて接した自動車という趣旨で展示されていました。当時モデナで自動車を持っていた人はごく僅かだったそうで、裕福な家庭だったことが伺えます。
f:id:Reppa:20220220153552j:plain

1951年に勝利を挙げたF1マシンのエンジンにスーパーチャージャーを追加したものを搭載したパワーボート。最高速度は242km/hに達した由。
f:id:Reppa:20220220153550j:plain

f:id:Reppa:20220220153547j:plain

ボートでもしっかりフェラーリしてます。
f:id:Reppa:20220221152914j:plain

展示ホールにて

メインの展示ホールです。この時はROSSO & ROSAと題し、女性と関係のあるフェラーリの企画展をやっていましたが、展示車の中には「スイスの富豪で著名なコレクターの○○氏が妻の誕生日に贈った云々」といったものもあり、テーマ設定に少々無理があるんじゃないの?と感じたのも事実でありました。
f:id:Reppa:20220220153413j:plain

f:id:Reppa:20220220154109j:plain

f:id:Reppa:20220220211322j:plain

f:id:Reppa:20220220212420j:plain

f:id:Reppa:20220220212609j:plain

250GTO(1962)

訪れた際の目玉展示は250GTOと250LMでした。この250GTOはAnnie de Montaiguという元テニス選手のフランス人女性ドライバーが駆ったものだったそうですが、日本人からすると「どなた?」ですね。
f:id:Reppa:20220220155209j:plain

それは兎も角、今の感覚では小柄なGTOですが力感溢れるフォルムの存在感には圧倒されます。
f:id:Reppa:20220220155211j:plain

超スパルタンなインテリア。
f:id:Reppa:20220220155206j:plain

覗き込むとリーフスプリングが見えます。
f:id:Reppa:20220220155202j:plain

f:id:Reppa:20220220155214j:plain

f:id:Reppa:20220220155204j:plain

250LM(1963)

写真では少々歪なフォルムにも見えますが、実車だと均整が取れた美しさを感じるのが不思議なLM。
f:id:Reppa:20220220193223j:plain

f:id:Reppa:20220220192257j:plain


昨年デビューした296GTBのデザイン、特にエアインテイクやリアの盛り上がりは250LMのオマージュですね。実車を見てみたい。

f:id:Reppa:20220221161533j:plain
f:id:Reppa:20220221161530j:plain
Image: ferrari.com

f:id:Reppa:20220220192300j:plain

f:id:Reppa:20220220192252j:plain

f:id:Reppa:20220220192246j:plain

f:id:Reppa:20220220192243j:plain

f:id:Reppa:20220220192249j:plain

166MM(1948)

f:id:Reppa:20220220154521j:plain

f:id:Reppa:20220220154524j:plain
f:id:Reppa:20220220154526j:plain
212 Inter Coupe(1951)

f:id:Reppa:20220220205359j:plain

f:id:Reppa:20220220154945j:plain
f:id:Reppa:20220220154942j:plain
375MM(1953)

f:id:Reppa:20220220195509j:plain

f:id:Reppa:20220220195512j:plain

750 Monza(1954)

エンジンはV12ではなく直4。排気量は750cc×4=3000cc。
f:id:Reppa:20220220195549j:plain

250GTB SWB(1959)

f:id:Reppa:20220220195720j:plain

f:id:Reppa:20220220205017j:plain

f:id:Reppa:20220220195717j:plain

250GT Cabliolet(1957)

フェラーリ初のオープンボディーのカタログモデル。それまでは顧客の求めに応じて製作するオーダーメイドでした。
f:id:Reppa:20220220210521j:plain

助手席側サンバイザーにミラーが付いているのが車のキャラクターを感じさせます。
f:id:Reppa:20220220210019j:plain

f:id:Reppa:20220220210016j:plain

330GTC(1966)

4台だけ製作されたスペチアーレで、この個体はベルギー王妃のものだった由。
f:id:Reppa:20220220205446j:plain

f:id:Reppa:20220220205448j:plain

400i(1979)

こちらはオランダ皇太子妃の愛車だった由。皇族がフェラーリに乗るというのは日本では考えられませんが、かの国の人達は逆に、平成の上皇さま一家の愛車が古いホンダ・インテグラだった(MTというのも渋い)と言われても信じ難いことでしょう。
f:id:Reppa:20220220205157j:plain

f:id:Reppa:20220220205152j:plain

f:id:Reppa:20220220205149j:plain

355GTS(1994)

f:id:Reppa:20220220212425j:plain

美しいシフトゲートだった時代です。
f:id:Reppa:20220220212427j:plain

Ferrari Four(2011)

通称”FF”ですが前輪駆動ではなく4WD。
f:id:Reppa:20220220211319j:plain

何台も所有していると、こういった変わったのも1台欲しくなるんでしょうね。
f:id:Reppa:20220222114934j:plain

La Ferrari(2013)

f:id:Reppa:20220220211317j:plain

f:id:Reppa:20220220211314j:plain

458 Speciale(2014)

ごく少数製作されたスパイダーボディーでダナ・キャランも乗っていた由。
f:id:Reppa:20220220212418j:plain

f:id:Reppa:20220222114937j:plain

488GTB (2015)

f:id:Reppa:20220220212422j:plain

映像”Grazie Enzo”

数十分毎にエンツォの生涯と功績を振り返るショートムービーがスクリーンに放映されます。BGMに流れるパヴァロッティー(モデナ出身)のテノールも相俟って心を動かされる内容でした。
f:id:Reppa:20220220154337j:plain

f:id:Reppa:20220220154327j:plain

ラウダとの2ショット。
f:id:Reppa:20220220154329j:plain

やはり特別な存在のジル・ヴィルヌーヴ。
f:id:Reppa:20220220154332j:plain

f:id:Reppa:20220220154334j:plain

f:id:Reppa:20220221154422j:plain

著作権面でどうなのか分かりませんのでリンクを貼るのは控えますが、Youtubeで「muzeo enzo modena movie」といったキーワードで検索すると館内で撮った映像が出てきます。

Next>

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村