P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

2021年ソウルモーターショー(後編)輸入車・その他の展示など

前回に続きソウルモビリティショー訪問記です。韓国系メーカー以外の展示を中心に記します。

前回編

p-sign123.jp

ジャーマン3

出展社が少なかった今回、それなりに存在感があったのはアウディ、BMW、ベンツのジャーマン3とポルシェのドイツ勢でした。

BMW

ブースはアウディーと隣り合わせでした。f:id:Reppa:20211206150810j:plain

一番人気はM4カブリオレ。座ろうとする人で行列が出来ていました。f:id:Reppa:20211206150808j:plain

こちらはグランクーペ。
ビーエムのデザインは何だか凄いことになってきましたなぁ。f:id:Reppa:20211206150815j:plain

M4を見た後だと7シリーズのグリルが控えめすらに見えます。f:id:Reppa:20211206150818j:plain

EVのiX。f:id:Reppa:20211206150813j:plain

モトラッドはGSとR18の2台。私が昔乗っていたK100RSの時代はウインカースイッチが左右に分かれていたものですが(めちゃ使いにくかった)今は一般的な左側になったんですな。それでいいのだ。f:id:Reppa:20211206150820j:plain

韓国では「BMWミニ」としてBMWグループであることを積極的にPRしているミニ。f:id:Reppa:20211206152357j:plain

メルセデス・ベンツ

完全にEVに絞っての展示、エンジン車は一台も無しと割り切っていました。f:id:Reppa:20211206153601j:plain

f:id:Reppa:20211206153258j:plain

f:id:Reppa:20211206152613j:plain

AMGさえフルEVとは...f:id:Reppa:20211206152615j:plain

ゲレンデも電動化であります。f:id:Reppa:20211206152618j:plain

f:id:Reppa:20211206153300j:plain

アウディ

f:id:Reppa:20211206154122j:plain

エンジン車もありましたがやはり主役はEVのe-tron。f:id:Reppa:20211206154125j:plain

興味深かったのはこのA6 e-tronコンセプト。f:id:Reppa:20211206154120j:plain

全体のフォルムやテールライトの処理が起亜スティンガーとそっくりなのは、共にピーター・シュライヤー氏(元アウディ、現起亜デザイン統括)が手掛けたものなのかも知れません。

f:id:Reppa:20211206154639j:plain

2017年 ソウルモーターショーにて。

ポルシェ

f:id:Reppa:20211206155500j:plain

やっぱりオールド911は良いっすな。RSR 3.0。f:id:Reppa:20211206155505j:plain

RSRと同じ色のGT3。f:id:Reppa:20211206155732j:plain

タイカンなど電動系も並べていましたが、やはりエンジン系が中心のポルシェでした。f:id:Reppa:20211206155458j:plain

f:id:Reppa:20211206155455j:plain

f:id:Reppa:20211206155453j:plain

f:id:Reppa:20211206155729j:plain

f:id:Reppa:20211206155503j:plain

マセラティ

派手でエグさのあるデザインが韓国人の嗜好に合うのかソウル市内ではマセラティをよく見掛けます。実際、韓国はマセラティの世界5番目の市場である由。f:id:Reppa:20211206161042j:plain

f:id:Reppa:20211206161039j:plain

今回の主役だったMC20。f:id:Reppa:20211206161045j:plain

 

f:id:Reppa:20211206161047j:plain
f:id:Reppa:20211206161057j:plain


インテリアはもっとスパルタンかと思っていましたが、現物は意外と文化的に見えました。f:id:Reppa:20211206161052j:plain

f:id:Reppa:20211206161049j:plain

メーターやナビがちゃんと韓国語化されていて感心。f:id:Reppa:20211206161100j:plain

クアトロポルテのフェラーリ製V8エンジン。f:id:Reppa:20211206161102j:plain

いすゞ

一度も走っているのを見たことがないので韓国で事業展開しているのを今回初めて知りましたが、2017年からこちらの代理店を通して販売されています。f:id:Reppa:20211206163814j:plain

タイ製のD-MAX。f:id:Reppa:20211206163816j:plain

訪れたのが開催期間後半の平日だったせいかキャンギャルは少なかった。f:id:Reppa:20211206163811j:plain

なので、数少ないキャンギャルには小僧が群がります。f:id:Reppa:20211206170230j:plain

その他

中華EV

MASTAとかMASADAとか、何となく音の響きが日本っぽい中華EV。f:id:Reppa:20211206170200j:plain

f:id:Reppa:20211206170208j:plain

商用車が中心ですが造りはまずまず。f:id:Reppa:20211206170202j:plain

フォレスターっぽいSUV。f:id:Reppa:20211206170205j:plain

拙宅近所でも毎日活躍している郵便局の宅配軽トラ。f:id:Reppa:20211206170158j:plain

プラスチック感全開ながら意外とまともなインテリア。f:id:Reppa:20211206170210j:plain

書籍

f:id:Reppa:20211206171258j:plain

韓国語版のモーターファン・イラストレーテッド。そう言えばデジタルカメラマガジンも韓国語版が出版されています。f:id:Reppa:20211206171256j:plain

最後に

興味深い展示もありましたが何とも物足りないショーでした。コロナ禍のせいもあるのでしょうけど、こういったメーカー主導のモーターショーというのはオワコンなのかも知れません。

ブースを埋めるのに苦労したようでマッサージチェアメーカーまで出展していました。f:id:Reppa:20211206172821j:plain

NSXも人気を集めていた2017年ソウルモーターショー。f:id:Reppa:20211206172505j:plain