P sign

旅や乗り物、韓国生活についてソウル在住の大阪人が色々書いております。

【イタリア】ランボルギーニ博物館訪問記(2)... カウンタック, ミウラ, ディアブロ, ウラッコ, エスパーダ etc.

Museo Lamborghini/ランボルギーニ博物館訪問記・前編で紹介しきれなかった創業期からディアブロまでのオールドランボの記録です。 

 

 

350GT(1963-1967)

ランボ初の量産モデル。エンジンは、フェラーリがまだOHCだった時代(普通の乗用車はOHVも普通だった)、いち早くDOHCを採用していました。

f:id:Reppa:20210207155249j:plain

 

f:id:Reppa:20210207155226j:plain

 

デザイン検討用のスケールモデル(木製)も展示されていました。綺麗にニスまで塗られており、家具職人さんにでも仕上げてもらったのかな。

f:id:Reppa:20210207155241j:plain

 

f:id:Reppa:20210207155245j:plain

 

デザインはガンディー二ではなくカロッツェリア・トゥーリング。最近のアストンに使われている”スーパーレッジェーラ”は元々トゥーリングが開発したボディー製法でした。

f:id:Reppa:20210207155233j:plain

 

美しい曲面のウィンドスクリーン。

f:id:Reppa:20210207155259j:plain

 

ピュアスポーツではなくGTを志向していたこと伺えるインテリア。

f:id:Reppa:20210207155236j:plain

 

f:id:Reppa:20210207155303j:plain

 

ヘッドライトは、プロトタイプの350GTVではリトラクタブルでしたが、量産型の350GTでは個性的と言うか、クセのある楕円形に改められました。

f:id:Reppa:20210207155256j:plain

 

f:id:Reppa:20210207155229j:plain

 

 

Miura(1966-1972)

展示されていたのは1971年に登場したP400SV。イタ車のカタログスペックなので眉唾ですが、3929ccから385ps(しかも7850rpm!)を絞り出すというハイチューン。低速トルクはどうなっていたのだろう。

f:id:Reppa:20210207161530j:plain

 

SVには特徴的な"睫毛"はありません。

f:id:Reppa:20210207161533j:plain

 

f:id:Reppa:20210207161524j:plain

 

1Fに展示されていたエンジン。

f:id:Reppa:20210207161513j:plain

 

f:id:Reppa:20210207161516j:plain

 

横置きレイアウトがよく分かります。

f:id:Reppa:20210207161520j:plain

 

f:id:Reppa:20210207161456j:plain

 

f:id:Reppa:20210207161509j:plain

 

極太、極厚のリアタイヤ。

f:id:Reppa:20210207161459j:plain

 

敷地内にはミウラの名を冠した通りがありました。

f:id:Reppa:20210207161506j:plain

 

 

Countach LP400(1973-1990)

展示車はシャーシNo.001のプロトタイプ。窓枠がクロームだったり、インテリアが茶色の革張りだったりと、ややラグジュアリーな印象がステキです。

f:id:Reppa:20210207163053j:plain

 

f:id:Reppa:20210207163005j:plain

 

f:id:Reppa:20210207163111j:plain

 

低い、というより、薄い!

f:id:Reppa:20210207162959j:plain

 

f:id:Reppa:20210207163013j:plain

 

デザインのテーマは「プロペラの”ねじれ”」だったと言います。

f:id:Reppa:20210207163035j:plain

 

なるほど、サイドウィンドウからテールに繋がる面の流れはまさに”ねじれ”です。

f:id:Reppa:20210207163039j:plain

 

f:id:Reppa:20210207163009j:plain

 

広角でテールの迫力を強調してみました。

f:id:Reppa:20210207163024j:plain

 

リアのトランクスペースは意外と実用的だったと言います。

f:id:Reppa:20210207163050j:plain

 

大排気量のV12、やはり冷却には苦労したのでしょう。

f:id:Reppa:20210207163057j:plain

 

f:id:Reppa:20210207163101j:plain

 

デザインのアクセントにもなっているNACAダクト。給油口はこの奥に、しかも左右別々で配置されています。

f:id:Reppa:20210207163108j:plain

 

70年代のスーパーカー少年たちが胸を熱くした透視図。

f:id:Reppa:20210207163043j:plain

 

実車、特にスポイラー類の無い初期のモデルの細部を見ると、意外と繊細で優雅な曲線で構成されていると感じます。

f:id:Reppa:20210207163105j:plain

ご存じの方も多いと思いますが、”カウンタック”という発音は日本でしか通じません。カタカナで書くなら”クンタッシュ”が近いかと。受付嬢に”クンタッシュ”ですよね、と確認したところ、逆に「なぜ日本では”カウンタック”なの?」と質問されました。でも、”カウンタック”って、かっこいい響きですよね。

 

 

Diablo(1990-2001)

訪れた時は最終モデル(2001年)、ディアブロ 6.0SEが展示されていました。

f:id:Reppa:20210207165211j:plain

 

f:id:Reppa:20210207165216j:plain

 

ガンディー二による原型デザイン。

f:id:Reppa:20210207165333j:plain

 

直立したサイドのラインは、ある程度量産バージョンに受け継がれています。

f:id:Reppa:20210207165322j:plain

 

ジウジアーロ先生もコンペには参加したようです。

f:id:Reppa:20210207165330j:plain

 

まあ、ランボとして”これぢゃない”感がありますね。

f:id:Reppa:20210207165326j:plain

 

圧倒的な存在感。畳のようです。

f:id:Reppa:20210207165219j:plain

 

固定式になってからのライトが、我らが日産Zの流用というのは有名な話です。

f:id:Reppa:20210207165208j:plain

 

 

Uracco(1970-1980)

素晴らしいコンディションのウラッコをここで見れた私は幸せ者です。

f:id:Reppa:20210207191934j:plain

この個体は5マイルバンパーの付いたUS仕様の模様。

 

f:id:Reppa:20210207191944j:plain

 

サブフレームにマウントされたパワートレインとエキゾースト、リアサス。

f:id:Reppa:20210207191922j:plain

 

f:id:Reppa:20210207191917j:plain

 

f:id:Reppa:20210207191928j:plain

 

かなり左右不等長のドライブシャフト。

f:id:Reppa:20210207191941j:plain

 

f:id:Reppa:20210207191931j:plain

 

意欲的で合理的ながら色々と問題もあったようですが、横置きミッドシップはメリットも多く一世を風靡したレイアウト。現物には機能美すら感じました。

f:id:Reppa:20210207191925j:plain

 

横置きレイアウトで捻り出したスペースで実現したルーミーなキャビン。シートの使用感が素晴らしい。

f:id:Reppa:20210207191914j:plain

 

数マイルなら何とかなりそうなリアシート。911をはじめ、こういった+2というのはシートとしてよりも、脱いだジャケットやブリーフケースを気軽に置いたり、前席をリクラインできたりという、まさに+αのスペースとして根強く支持されています。

f:id:Reppa:20210207191948j:plain

 

f:id:Reppa:20210207191951j:plain

 

1970年代、リアのルーバー流行りましたね。

f:id:Reppa:20210207191937j:plain

マジで欲しいと思ったウラッコでした。ボディーカラーも素晴らしい。

 

 

Silhouette(1976-1979)

ウラッコのセミオープン(ポルシェ式に言えばタルガトップ)モデルのシルエット。

f:id:Reppa:20210210161658j:plain

 

f:id:Reppa:20210210161651j:plain

 

f:id:Reppa:20210210161712j:plain

 

せっかくのリアシートは潰され、外したルーフの置き場になっています。

f:id:Reppa:20210210161654j:plain

 

f:id:Reppa:20210210161705j:plain

 

シフトレバー横にはuraccoの文字が見えます。

f:id:Reppa:20210210161709j:plain

 

カンパニョーロの5穴ホイールが懐かしい。

f:id:Reppa:20210210161701j:plain

 

 

Jalpa(1981-1988)

展示の説明を見て思い出しました。映画、ロッキー4で、親友を失ったスタローンが走らせていたのがジャルパでした。

f:id:Reppa:20210210162541j:plain

 

シルエットにそっくりですが、エンジンは3.5Lに拡大されています。

f:id:Reppa:20210210162538j:plain

 

f:id:Reppa:20210210162531j:plain

 

f:id:Reppa:20210210162544j:plain

 

 

Espada(1968-1978)

エスパーダ。70年代的なエッジの効いたスタイルは”昔の未来”感満点。これも実車を見れて感動でした。

f:id:Reppa:20210210163708j:plain

 

こういった”4人が乗れるエキゾチックカー”というのはジウジアーロ先生が長年取り組んだテーマですが、エスパーダのデザインはガンディー二によるものです。

f:id:Reppa:20210210163718j:plain

 

f:id:Reppa:20210210163704j:plain

 

f:id:Reppa:20210210163715j:plain

 

キャビンもカッコいい。

f:id:Reppa:20210210163653j:plain

 

ゆったりと、とまでは言えなそうながらも、大人でも無理無く座れそうなリアシート。

f:id:Reppa:20210210163656j:plain

 

ディテールもクールです。

f:id:Reppa:20210210163711j:plain

 

f:id:Reppa:20210210163722j:plain

 

f:id:Reppa:20210210163725j:plain

 

f:id:Reppa:20210210163728j:plain

 

f:id:Reppa:20210210163659j:plain

 

 

Jarama(1970-1978)

ジャラマではなくハラマ。モータースポーツには消極的だったランボが何故かは不明ですが、スペインのハラマ・サーキットに因んだネーミング。

f:id:Reppa:20210210165256j:plain

 

そもそもフェラーリの快適性の低さに不満を抱いていたフェルッチオ・ランボルギーニ一番のお気に入りは、エアコンもしっかり効きハンドリングのバランスも良いハラマだったと言われています。

f:id:Reppa:20210210165306j:plain

 

f:id:Reppa:20210210165248j:plain

 

f:id:Reppa:20210210165309j:plain

 

+2のリアシート。

f:id:Reppa:20210210165245j:plain

 

f:id:Reppa:20210210165259j:plain

 

f:id:Reppa:20210210165252j:plain

 

 

もう少し続きます...

p-sign123.jp