P sign

旅や乗り物、韓国生活についてソウル在住の大阪人が色々書いております。

【イタリア】ランボルギーニ博物館訪問記(3)... プロトタイプとF1, チータ, LM002

経営面では何度もピンチに陥ったランボ。その試行錯誤を伺うことができる部分かも知れません。

 

プロトタイプとF-1

 

P140(1988)

ジャルパの後継として企画された4L・V10エンジン搭載モデル。ガヤルドの源流と言えるでしょう。車体はリベット留めのアルミモノコック。

f:id:Reppa:20210124160926j:plain

 

f:id:Reppa:20210124160921j:plain

 

エンブレムがステッカーだったりしますが...

f:id:Reppa:20210124160918j:plain

 

プロトタイプとしては中々の完成度に見えます。

f:id:Reppa:20210124160908j:plain

 

f:id:Reppa:20210124160905j:plain

 

デザインはベルトーネから独立後のガンディー二。

f:id:Reppa:20210124160911j:plain

 

f:id:Reppa:20210124160914j:plain

当時の親会社、クライスラーからGoが出ず、プロジェクトはキャンセルされました。

 

 

こちらはガンディー二が抜けた後のベルトーネ(デザイナーはMarc Dechampsとありました)によるP140デザインスタディ。

f:id:Reppa:20210124170207j:plain

 

どことなく日産のMID 4 IIに似ています。

f:id:Reppa:20210124170204j:plain

 

 

Modena Lamborghini F1(1991)

日本人にとってランボのF1と言えば、1989年の鈴鹿で鈴木亜久里選手が3位表彰台を獲得したラルースを思い浮かべますが、こちらはセミワークスとして1991年シーズンに参戦したマシン。

f:id:Reppa:20210124165053j:plain

 

バブル崩壊寸前でF1ブームに沸いていた当時、姫路セントラルパークもスポンサーでした。レイトンハウスとか、懐かしいな。

f:id:Reppa:20210124165041j:plain

 

奇抜な形状のサイドポンツーン。成績は振るわなかった模様です。チーフデザイナーは元フェラーリのマウロ・フォルギエリ。

f:id:Reppa:20210124165038j:plain

 

f:id:Reppa:20210124165046j:plain

 

 

オフローダー/チータとLM002

SUVなどという言葉も無かった時代、スポーツカーメーカーのオフローダーというのは斬新でしたが、元々がトラクターメーカーのランボにとっては、こういったカテゴリーも守備範囲という感覚だったのかも知れません。また、このDNAは後のウルスに受け継がれたと言うと贔屓が過ぎるでしょうか。

 

f:id:Reppa:20210124190453j:plain

 

 

Cheetah(1977)

ハンヴィーのような位置付けでしょうか。軍用高機動車として採用されるのを目指して開発されたオフローダー。

f:id:Reppa:20210124190450j:plain

 

タイヤのボリューム感が圧倒的。

f:id:Reppa:20210124190446j:plain

 

矢鱈マッチョなバギーといった印象でした。

f:id:Reppa:20210124190442j:plain

 

f:id:Reppa:20210124190429j:plain

 

トランスミッションは3速AT。

f:id:Reppa:20210124190436j:plain

 

f:id:Reppa:20210124190433j:plain

 

エンジンはランボではなくクライスラー製の5.9リッターV8。

f:id:Reppa:20210124190439j:plain



LM002(1986)

軍用車としてはお蔵入りになったチータのエンジンをランボ製に載せ替えたのがLM001、そしてエンジン位置をミッドからフロントに移したのがLM002。エンジンはカウンタックQVのものを5PSだけデチューンしたV12・450PS。

f:id:Reppa:20210131143312j:plain

 

f:id:Reppa:20210124190456j:plain

 

アラブの富豪などに喜ばれたんでしょうね。当時のオフローダーとしては非常に豪華なインテリア。

f:id:Reppa:20210124190418j:plain

 

f:id:Reppa:20210124190421j:plain

 

 

最後に

以上がランボルギーニ博物館訪問の記録です。ミウラやカウンタックは他でも見る機会はありますが、ウラッコやエスパーダなどをここ本社ミュージアムで間近に見れたのは至福の経験でした。