P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

【イスタンブール旅行記】ボスポラス海峡と旧市街地... ヨーロッパとアジアの交差点にて

YouTubeで懐メロ系を聞いていたらアルゴリズムで流れてきた庄野真代さんの名曲「飛んでイスタンブール」。歌詞の中には「光る砂漠で~...」というくだりもあるがイスタンブールに砂漠など無く、後年当地を訪れた庄野さんもイメージとは違って苦笑したとか。それはともかく、エキゾチックな風情のある街だ。

f:id:Reppa:20210510201508j:plain


ボスポラス海峡クルーズ

この時(2017年7月)イスタンブールには夕方到着。翌朝、先ずはボスポラス海峡を走る船で吊り橋見物に出掛けた。

ガラタ橋近くの桟橋から乗船する。

f:id:Reppa:20210509194208j:plain

f:id:Reppa:20210509194739j:plain

f:id:Reppa:20210510201522j:plain

f:id:Reppa:20210510201516j:plain


富裕層のエリア。

f:id:Reppa:20210509194231j:plain


何とも優雅ですな。

f:id:Reppa:20210509194234j:plain


日本のODAで掛けられた第二ボスポラス橋。

f:id:Reppa:20210510201519j:plain


向こう側がアジア、手前がヨーロッパ。

f:id:Reppa:20210510201526j:plain

f:id:Reppa:20210510201530j:plain


トルコ海軍の軍艦。

f:id:Reppa:20210510201454j:plain

イスタンブールの旧市街

2泊3日滞在したイスタンブール。風情のある旧市街をぶらぶら歩くのが実に楽しかった。

ガラタ塔から臨む旧市街。

f:id:Reppa:20210509200534j:plain

f:id:Reppa:20210509200834j:plain

f:id:Reppa:20210509201333j:plain


谷間のような路地をあてもなく歩く。贅沢な時間だ。

f:id:Reppa:20210509200927j:plain

出前の紅茶グラスを引き取って戻る少年。

f:id:Reppa:20210509200934j:plain

トルコの紅茶は深い渋みと香りのバランスが良くて美味い。ドイツで入ったトルコ系の店で飲んだものも同様に美味かった。濃厚なトルコアイス、当然美味い。

f:id:Reppa:20210509201607j:plain

バレンス水道橋

地下宮殿に水を送っていたローマ時代の水道橋。

f:id:Reppa:20210510201504j:plain

f:id:Reppa:20210509202341j:plain

この周辺が庶民的な雰囲気で味わい深かった。

f:id:Reppa:20210509202440j:plain

f:id:Reppa:20210509202452j:plain

f:id:Reppa:20210509202449j:plain

韓国などの古い市場にも通じる雰囲気。

f:id:Reppa:20210509202459j:plain

しかし、こういったギラギラ感はイスラム圏ならでは。

f:id:Reppa:20210509202504j:plain

やはり肉は羊系が中心のようだ。

f:id:Reppa:20210509202456j:plain

f:id:Reppa:20210509202437j:plain

グランバザール界隈

適度に猥雑で楽しいが、スリなどには注意した方が良さそうな雰囲気。

f:id:Reppa:20210509203814j:plain

f:id:Reppa:20210509203810j:plain

何と言うか、独特のセンスだ。

f:id:Reppa:20210509203756j:plain

女同士の価格交渉と、それを見守る猫。

f:id:Reppa:20210509203806j:plain

イスタンブールの野良犬

何故か野良犬(or 放し飼い?)が多いのはインドにも通じる。

f:id:Reppa:20210509204353j:plain

f:id:Reppa:20210509204338j:plain

f:id:Reppa:20210509204341j:plain

f:id:Reppa:20210509204345j:plain


あ、猫もいました。

f:id:Reppa:20210509204349j:plain

庄野真代さん、砂漠は無いし駱駝もいませんでしたね。馬はいましたが。

f:id:Reppa:20210509203803j:plain

夕刻のイスタンブール

日が暮れるとモスクから流れて来るコーランの声も異国情緒を感じさせてくれる。

f:id:Reppa:20210509205112j:plain

f:id:Reppa:20210509203759j:plain

勿論、イスタンブールではモスクや地下宮殿にも訪れましたが、それについては日を改めて記します。