P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

【イタリア】フェラーリ博物館訪問記(4)デザイン・生産関係の展示

設計や生産ラインなど、企業ミュージアムならではの興味深い展示もありました。

f:id:Reppa:20220217142554j:plain

現在のフラッグシップ”812 Super Fast”。
ちょっと優雅さに欠けて感心しないスタイル(個人の意見です)
f:id:Reppa:20220217142745j:plain

6.5リッターV12エンジンは自然吸気で800ps/8000rpm。この排気量でこの回転数はさすがフェラーリ。
f:id:Reppa:20220217142845j:plain

で、こちらが鋳造されたエンジンブロック。
f:id:Reppa:20220217142918j:plain

812のホワイトボディー。古くからアルミ材を多用してきたフェラーリなので加工ノウハウは色々と持っていることでしょう。
f:id:Reppa:20220217143131j:plain

プレスや押し出し材や鋳造、鍛造などを溶接、接着してボディを組み立てています。
f:id:Reppa:20220217143201j:plain

f:id:Reppa:20220217143206j:plain

f:id:Reppa:20220217143203j:plain

基本的に工場見学は購入したディストリビューターを通じて申請したオーナーだけが可能で、こちらはパネル展示されていた写真。イタリアらしからぬ”5S”というと失礼かな。
f:id:Reppa:20220217145849j:plain

1960年代。高い足場のようなところが最終ASSYだったようです。色々「やらせ」っぽい写真にも感じますが。
f:id:Reppa:20220217145857j:plain

今のASSY工程。
f:id:Reppa:20220217145847j:plain

1959年。チューブラーフレームをお兄ちゃんが溶接しています。
f:id:Reppa:20220217145855j:plain

BBなので’70年代でしょうか。
f:id:Reppa:20220217145845j:plain

1952年のエンジン加工工場。
f:id:Reppa:20220217145852j:plain

f:id:Reppa:20220217145902j:plain

黒の結晶塗装が凛々しいデイトナのV12エンジン。
f:id:Reppa:20220217150338j:plain

f:id:Reppa:20220217150340j:plain

設計部門。勿論製図板の時代です。手前で打ち合わせしているのがいかにもPR用に撮りましたという雰囲気。
f:id:Reppa:20220217145900j:plain

166MMのデザイン検討用モデル。1948年のものなので歴史的価値が高そうです。
f:id:Reppa:20220217150621j:plain

ピニンファリーナによる'60年代後半のデザイン検討モデル。
f:id:Reppa:20220217150618j:plain

f:id:Reppa:20220217150615j:plain

f:id:Reppa:20220217150623j:plain

f:id:Reppa:20220217150922j:plain

微妙な曲面が美しい365P(1966)のボディー木型。こういうのは家具職人などが兼業で作っていたんでしょうか。
f:id:Reppa:20220217151116j:plain

750 Monzaのホワイトボディ。
ハンマーや治具を駆使して叩き出して形状をつくり...
f:id:Reppa:20220217151213j:plain

仕上げるとこうなります。
f:id:Reppa:20220217151215j:plain

ピニンファリーナとスカリエッティ、二人のセルジオさん。
f:id:Reppa:20220217151535j:plain

後ろに写っているのは250 ルッソですな。
f:id:Reppa:20220217151538j:plain

エリック・クラプトンのオーダーで製作された”SP12 EC”のモックアップ。
f:id:Reppa:20220217151648j:plain

フェラーリ自身の作だけあって512BBを上手くオマージュしています。
f:id:Reppa:20220217151645j:plain

お客様は神様。内装のステッチの色をはじめ、顧客のオーダーにも対応してくれます。
f:id:Reppa:20220217152130j:plain

f:id:Reppa:20220217152205j:plain

昔のカタログ。
f:id:Reppa:20220217152238j:plain

f:id:Reppa:20220217152236j:plain

f:id:Reppa:20220217152242j:plain

昔の書類なども実に興味深い。手前のものはロンドンの代理店が1964年11月3日付で発行した500スーパーファストの注文書で、ハンドル位置(当然右)や内外装のカラー、オプションなどが列記されています。希望納期は翌年の10月でした。
f:id:Reppa:20220217152454j:plain

エンツォ・フェラーリという人は、レースやエンジニアリングなどの業績や評価が色々ありますが、結果的には”Ferrari”というブランドイメージを作った部分が最も偉大な人ではないでしょうか。時にはハッタリ的に実際以上に神格化させたりした部分も含めて。
f:id:Reppa:20220217152837j:plain

f:id:Reppa:20220217152917j:plain

でっかい灰皿が時代を感じさせます。
f:id:Reppa:20220217152915j:plain

Next>

<Prev.

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村