P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

【イタリア】フェラーリ博物館訪問記(3)歴代F1チャンピオン獲得マシンの展示

この時は「チャンピオンを獲得したF1マシン」をテーマにした展示でした。展示車は不定期に入れ替わります。
f:id:Reppa:20220217205330j:plain

500 F2(1952, 1953)

参加台数不足によりF2規格で争われたこの時期、アルベルト・アスカリが2年連続でチャンピオンを獲得。4気筒でも車名の500は気筒当たり排気量というのは昔のフェラーリの文法通り。
f:id:Reppa:20220217205426j:plain

Lancia-Ferrari D50(1956)

色々あって譲渡を受けたランチアのマシンにフェラーリが手を入れ、ファンジオが4度目のチャンピオンを獲得。
f:id:Reppa:20220217205523j:plain

ランチア+フェラーリと言うと、308GTBのエンジンをFF横置きに積んだテーマ8.32を思い出します。バブル期にはオートザムのディーラーでも取り扱っていたのだから今思うと凄い時代でした。
f:id:Reppa:20220217205600j:plain

サイドポンツーンは元々燃料タンク。今の感覚からすると恐ろしく感じますが、後年、電撃的に速かった1989年の640もコクピット側面までタンクが張り出す設計、それも一因となってベルガーが大炎上事故に遭ったこともありました。
f:id:Reppa:20220217205649j:plain

「1956年にファンジオが5度目のチャンピオン」と書いていたり(5度目は翌1957年、マシンはマセラティの筈)、これ以外にも「違うんじゃないの?」というものがいくつかあった説明パネル。
f:id:Reppa:20220217205715j:plain

246 F1(1958)

マイク・ホーソンがタイトル獲得。2.4L・V6のバンク角は65度の”ディーノ・エンジン”。
f:id:Reppa:20220217210424j:plain

156 F1(1963)

フェラーリ初のミッドエンジンF1。ジョン・サーティースがタイトル獲得。V6・1476cc。実車の印象はとにかく「小さい、細い」。
f:id:Reppa:20220217210453j:plain

F2002

シューマッハが5度目のタイトルを獲得。17戦中15勝。1-2フィニッシュ9回。10PP。セナ・プロが火花を散らしながら16戦中15勝を占めた1988年とは違い、絶対的No.1のシューマッハが殆ど全てを支配したので余り面白くないシーズンだった記憶があります。
f:id:Reppa:20220217210559j:plain

F2004

18戦中15勝。1-2フィニッシュ8回。シューマッハの時代はこれを最後に終焉を迎えました(フゥ...)。
f:id:Reppa:20220217210633j:plain

f:id:Reppa:20220217210700j:plain

F2007

6勝を挙げたライコネンがハミルトンに対し1ポイント差でタイトル獲得。マクラーレン・メルセデスとのがっぷり四つは見応え十分だったもののマクラーレンのスパイゲート事件で後味の悪いシーズンでした。
f:id:Reppa:20220217211040j:plain

f:id:Reppa:20220217211132j:plain

F2008

最終戦にマッサが1ポイント差でタイトルを逃したという趣旨で”Felipe Massa saw the Driver's title slip away only on the final curve of the last Grand Prix.”との説明を添えて展示していましたが負けは負け、チャンピオンマシンじゃないですよね。
f:id:Reppa:20220217211211j:plain

細部の造形や深みのあるレッドは流石スクーデリア・フェラーリと思わせる美しさではありました。
f:id:Reppa:20220217211214j:plain

歴代のトロフィーとチャンピオン達

f:id:Reppa:20220217211902j:plain

f:id:Reppa:20220217212046j:plain

2002年日本GPのものもありました。
f:id:Reppa:20220217211905j:plain

歴代のドライバーズチャンピオン。
f:id:Reppa:20220217212151j:plain

F1界で随一の名門チームの割には意外とチャンピオン獲得は少ないのも「お家騒動」が「お家芸」のフェラーリらしいところ。
f:id:Reppa:20220217212154j:plain

不満を爆発させたラウダが1977年のタイトル獲得を置き土産にフェラーリを出て行った逸話、どこまで本当かは知りませんが私は好きです。
f:id:Reppa:20220217212156j:plain

f:id:Reppa:20220217212148j:plain

1980~90年代はビルヌーブ、ピローニの不幸な事故もありましたがドライバーズタイトルの無い時代が続きました。
f:id:Reppa:20220217212159j:plain

そういったこともあって、やはりこの人は凄いことは認めざるを得ません。現役時代は手段を選ばないやり口が好きではありませんでしたが、スクーデリアを完全に掌握して「チーム・シューマッハ」を築き上げたのは偉大でありました。
f:id:Reppa:20220217212201j:plain

f:id:Reppa:20220217212146j:plain

2021年、惜しまれつつ42歳で引退した中年の星”アイスマン”、ライコネン。
f:id:Reppa:20220217212143j:plain

大体のマシンをミニカーで網羅しています。
f:id:Reppa:20220217213047j:plain

館内には給油装置も無造作に展示されていました。階段の踊り場に置かれているので興味の無い人は掃除機か何かと思うのでは?
f:id:Reppa:20220217212845j:plain

Next>

<Prev.

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村