P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

ロンドン郊外のウィンザー城までプチ乗り鉄を楽しむ【ロンドン家族旅行】

エリザベス女王がクリスマスを過ごしているウィンザー城の敷地に武器(ボウガン)を持った男が侵入して捕まったというニュースが一昨日ありました。ご無事で何よりです。さて、ウィンザー城はロンドン市内から長閑な田園風景の中を列車で1時間程の場所にあり日帰り可能。”プチ乗り鉄”も兼ねて訪れました。


f:id:Reppa:20211227180056j:plain



ウォータールー駅からウィンザーへ

ロンドン・ウォータールー駅。今はセント・パンクラスに移りましたが、私が初めてパリへのユーロスターに乗った1996年当時はこの駅発着でした。f:id:Reppa:20211227180226j:plain

f:id:Reppa:20211227180228j:plain

前々回記事に書きましたが、映画ジェイソン・ボーンシリーズの”The Bourne Ultimatum”に登場した場所でもあります。
f:id:Reppa:20211227180231j:plain

分かりやすいイギリスの券売機。
f:id:Reppa:20211227180234j:plain

f:id:Reppa:20211227204917j:plain

8:58発のウィンザー&イートン行きに乗ります。表示も分かりやすいので乗り間違える心配は無いでしょう。それにしても、海外に行くと日本は時には過剰な程アナウンスが繰り返されたり表示が丁寧だと実感します。このあたり、イギリスは過不足無く丁度良いと思います。
f:id:Reppa:20211227180236j:plain

発車して少しするとロンドンの電力供給源だったバタシー発電所(Battersea Power Station)の遺構が見えます。
f:id:Reppa:20211227180239j:plain

’60~’70年代風のニュータウン。
f:id:Reppa:20211227180242j:plain

更に西に進むと長閑な田園風景が広がります。
f:id:Reppa:20211227180244j:plain

ウィンザーに到着。
f:id:Reppa:20211227180223j:plain

ウィンザーには駅が2つあり、我々が乗ったウォータールーからの列車が着くのはリバーサイドの方。もう一つは数百メートル離れたセントラルです。
f:id:Reppa:20211227183627j:plain

駅前通り。ブルーメタリックのローバーがイギリスらしくて味わい深い。赤いのは日産UK製、マーチの欧州版マイクラ。
f:id:Reppa:20211227183630j:plain

城壁沿いの道を進みます。
f:id:Reppa:20211227184809j:plain

f:id:Reppa:20211227184807j:plain

f:id:Reppa:20211227185123j:plain

こちらが中央駅。
f:id:Reppa:20211227184046j:plain

朝日に向かってヤケクソで一枚。f:id:Reppa:20211227185118j:plain

ヒースロー空港から10キロ程なので上空を次々に旅客機が降りてゆきます。
f:id:Reppa:20211227185112j:plain

f:id:Reppa:20211227185115j:plain

f:id:Reppa:20211227185120j:plain

ウィンザー城

チケットを買って入場(入城)します。f:id:Reppa:20211227190653j:plain

ここも建物内部はほぼ全て撮影禁止。やはりイギリスは厳しいなとも思いますが、考えてみれば今も王室の別邸なので仕方ありません。

このドールハウス、シルバニアファミリーを1000倍豪華&精密にしたような目を見張るものでした。
f:id:Reppa:20211227190720j:plain

f:id:Reppa:20211227190712j:plain

f:id:Reppa:20211227190714j:plain

f:id:Reppa:20211227190702j:plain

f:id:Reppa:20211227190708j:plain

f:id:Reppa:20211227190656j:plain

f:id:Reppa:20211227190723j:plain

右下がウィンザー&イートン・リバーサイド駅、川の向こうが名門イートン校。
f:id:Reppa:20211227190659j:plain

クルマも当然イギリス車。
f:id:Reppa:20211227190704j:plain

f:id:Reppa:20211227190727j:plain

f:id:Reppa:20211227190729j:plain

2時間程城内を見て回って外に出たら入場待ちの大行列。朝早めに来て良かった。
f:id:Reppa:20211227190648j:plain

パブでフィッシュ&チップスを食べる

昼はこちらのアイリッシュパブで食べることにします。f:id:Reppa:20211227195418j:plain

ゆる~い時間が流れています。
f:id:Reppa:20211227195421j:plain

f:id:Reppa:20211227195423j:plain

基本的に昼酒はしない主義なのでジンジャーエールを飲みます。f:id:Reppa:20211227195410j:plain

フィッシュ&チップスを食べます。
f:id:Reppa:20211227195413j:plain

家族3人で分けると丁度良いほどボリューム満点。味はそれほど期待していませんでしたが白身魚もポテトもどちらもホクホク。レモンに加えてワインビネガーを少しかけると美味でした。f:id:Reppa:20211227195416j:plain

ウィンザーは落ち着いた雰囲気が素敵な城下町でした。
f:id:Reppa:20211227203645j:plain

f:id:Reppa:20211227203651j:plain

Crooked House=傾いた建物。
f:id:Reppa:20211227203640j:plain

娘もお決まりのポーズで撮っていると通りすがりのおっちゃんが入ってくれました。良い思い出であります。
f:id:Reppa:20211227204117j:plain

ウィンザーからロンドンへ

13時過ぎウィンザー発の列車でロンドンに戻ります。f:id:Reppa:20211227204922j:plain

地下鉄のアナウンスでお馴染みの”Mind the gap”。
f:id:Reppa:20211227204919j:plain

オフシーズンのためか、車内は往復共にガラガラでした。
f:id:Reppa:20211227204929j:plain

f:id:Reppa:20211227204926j:plain

ロンドンに近付くと色々な路線と並行して走ります。イギリスの電車線の多くは近年まで日本の地下鉄のような第三軌条式が主流でしたが、徐々に架線式が増えつつあります。
f:id:Reppa:20211227204931j:plain

London, Waterlooo駅に到着。
f:id:Reppa:20211227204934j:plain

余談

時間があったのでこの後は郊外、コリンデールの英空軍博物館を訪問。キモチ悪い シブい英国機を愛でるパパの趣味に付き合いきれない娘はベンチで放心状態でありました。

f:id:Reppa:20211227213815j:plain

ロンドン家族旅行関連記事です。