P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

町工場の雰囲気をオールドレンズ+D850で撮る/ニコン Ai Zoom Nikkor 35-70mm F3.3-4.5S... ソウル・ムンレドンにて

私が今住むシンドリムの近くに文来(문래/ムンレ or ムレ)という街があり、古くからの町工場が立ち並ぶ中に近年は個性的なカフェやレストランが少しずつ増えています。先週末はその昭和的雰囲気のエリアをMFフィルム時代のレンズで撮りがてら歩いてきました。

f:id:Reppa:20211006202109j:plain


オールドレンズとタイトルに書きましたがライカの「ズミ何とか」や「何とかックス」は持っていないし、そもそもよく分かりません。レンズは「Ai Zoom Nikkor 35-70mm F3.3-4.5S」という往年のニコンMF普及ズーム。

f:id:Reppa:20211006202204j:plain


カメラはD850。いつもは頼もしく感じる4575万画素が今回このレンズには残酷にも感じますが、どうなるのか?

f:id:Reppa:20211006202253j:plain


冒頭の一枚はこのショットをモノクロ化したもの。いつ通っても工場の前でおとなしくしている賢い犬です。

f:id:Reppa:20211006201935j:plain


写真全体が醸し出す昭和っぽい感じは単なるピンボケなのかと思って拡大したところ、一応目のあたりにピントは合っています。後ろの金属くずがリング状に玉ボケしているのが面白い。

f:id:Reppa:20211006203613j:plain


近日中に建て替えられることが決まった高度成長期のアパート。

f:id:Reppa:20211006204054j:plain


전진공구=前進工具、力強くて良い名前です。

f:id:Reppa:20211006204204j:plain


木の葉が秋の色を帯びてきました。

f:id:Reppa:20211006204402j:plain


古いレンズを持つと錆びたトタン板や鉄パイプを撮りたくなるのは私だけ?

f:id:Reppa:20211006204636j:plain


ところで、この記事は古いレンズのアラを探すのが趣旨ではなく、独特の”昭和感”を醸すものは何なのか?です。それをお断りした上で拡大してみます。

左上端、流れてますねぇ。光は滲んでフリンジも出ています。

f:id:Reppa:20211006205336j:plain


白い袋もフリンジだけでなく、これを中心にオーラが出たようになっています。

f:id:Reppa:20211006205527j:plain


鋼管端からはまるで炎のような青いフリンジ。

f:id:Reppa:20211006205720j:plain


電線の地下化は進んでいるソウルですがここでは力強く空に張っています。

f:id:Reppa:20211006205933j:plain


左上を拡大してみました。

f:id:Reppa:20211006210406j:plain


こちらは中央部分の拡大。十分しっかり写っています。

f:id:Reppa:20211006210748j:plain


意外にゴーストは少なかったですが出るときは出ます。そもそも全体が霞んでますね。こちら側も向こう側も日陰だったと思います。

f:id:Reppa:20211006210507j:plain


目当ての中華屋で軽く飲みます。

f:id:Reppa:20211006210953j:plain

f:id:Reppa:20211006211039j:plain


酢豚で一杯やります。

f:id:Reppa:20211006211126j:plain


町工場の向こうは再開発され高層ビルやホテルが聳えます。

f:id:Reppa:20211006211257j:plain


白いミニバンの部分を拡大。光の滲みも独特の雰囲気につながっているのかな。

f:id:Reppa:20211006211633j:plain


手振れ補正が無くても小さいレンズなので何とかなります。

f:id:Reppa:20211006211916j:plain


「光の向こうに人の暮らしを感じる」と言うと気取り過ぎですね。

f:id:Reppa:20211006212035j:plain


右上の拡大です。
勿論絞りは開放。40年近く前のズームレンズでここまで写るのは意外です。

f:id:Reppa:20211006212038j:plain


そろそろ我が町シンドリムに帰ります。

f:id:Reppa:20211006212412j:plain


何となくモノクロ化してみました。

f:id:Reppa:20211006212506j:plain

f:id:Reppa:20211006212554j:plain


コンビニで4缶1万ウォンのクラフトビールを買って軽く二次会。

f:id:Reppa:20211006212717j:plain


果物屋の前で一服するバイトの兄ちゃん。

f:id:Reppa:20211006212958j:plain


元々はソウルの中古カメラやでFG-20とセットで買った、というか気分的には”保護”したレンズです。今回久々に使ってみました。

f:id:Reppa:20211006213147j:plain


1980年代初頭発売のようですが、しっかり旧製品としてサイトに載せているニコンは偉い。絞り開放値を入れてやればアダプターなしで大半のFマウントレンズを使えるD850も偉い。

www.nikon-image.com
レンズのお陰なのか?よく分かりませんが、ムンレ独特の空気感を少しは切り取れたのかなと思います。それから、最新のレンズが長年の研究開発のお陰で物凄く正確な写りを実現していることも改めて実感しました。

それにしても久々のMFズームは楽しかった。ズーム中間域は殆ど使わず(そんな細かいことをやる余裕がない... 汗)、先ず画角を「脳内レンズ交換」的に35mm、50mm、70mmでざっくり決めて撮るのは楽しいひと時でした。