P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

チェジュ島ドライブ旅行記(3)済州島グルメ・麺類編... イカスミカルグクス、コギグクス、キジ蕎麦

海鮮系に続いては麺類編です。済州島の麺類と言えば日本の豚骨ラーメンに似たコギグクスが代表的で、確かに中々のものですがそれ以外にも個性的で旨い麺がありました。


コギグクス

コギ/고기は肉、グクス/국수は麺なので直訳すると「肉麺」。済州島がオリジンだと認識されていますがソウルでも食べられます。麺は素麺より少し太いにゅう麺が一般的です。

以前ソウルの某店で食べたコギグクス。人気店のようでしたが、何と言うか、ちょっと寝ぼけた味で後半は飽きた記憶があったのですが本場済州島ではどうなのか?

f:id:Reppa:20211002193731j:plain

삼무국수/サンムグクス(新済州)

で、コギグクスにはソウルでのあまりポジティブではない印象があったのでそれほど期待せずに食べてみましたが、かなり旨かった。見直したぜ。

f:id:Reppa:20211002192245j:plain


かん水を使っているのでしょう。ラーメンのように黄色い麺。シャキシャキの生もやし、豚肉と豚骨で取った深みはありながら臭みは無いスープ、適量の海苔、実に旨い。麺類のスープがぬるいことの多い韓国ですが満足できる熱さ。もっと熱くても良いですが。

f:id:Reppa:20211002192247j:plain


チャーシューに相当する具の肉は五枚肉。もっちりした皮の食感もGood。

f:id:Reppa:20211002192250j:plain


看板メニューのコギグクス以外にも煮干しスープのミョルチグクスやスンドゥブチゲ、酒のつまみになりそうな茹で豚肉などもあります。

f:id:Reppa:20211002192255j:plain


午前10時前に入店。我々の後に続々と客が入ってきました。

f:id:Reppa:20211002192252j:plain


愛想も良かった。また来ます。

f:id:Reppa:20211002192243j:plain



영실국수/ヨンシルグクス(西帰浦市郊外)

あまり飲食店は多くない街道沿いにあります。ソギポ市から西に向かってドライブ中に入りました。

f:id:Reppa:20211002201036j:plain



かなり白濁したスープ。丁寧に下処理やアク取りをしてスープを取っているのでしょう、エグみは感じません。

f:id:Reppa:20211002201029j:plain


食べ進めるうちにどこかで食べたラーメンの記憶が蘇ってきました。愛知県のソウルフード、スガキヤのラーメンです。カミさんも同じように感じたと言っていました。良くも悪くもスガキヤのジャンクさ、チープさを除いた感じと言いましょうか。フラッと入ったにしては満足できる一杯でした。比較対象がスガキヤになってしまったので1杯8千ウォンは高く感じたのも事実でした。

f:id:Reppa:20211002201033j:plain

キジ蕎麦

キジ(鳥の雉です)肉を使ったソバです。

f:id:Reppa:20211002204012j:plain

今の日本ではあまり食されないキジ肉は韓国では珍味とされているようです。私は以前韓国山奥の温泉地に行った際にしゃぶしゃぶで食べたことがあります。

火山島のため土地が豊かではないのでしょう、済州島では蕎麦畑をよく見かけます。以下、キジ蕎麦について韓国観光公社サイトからの引用です。

”済州は韓国最大のそば生産地です。また、中山間地域にはキジが多く生息しています。キジそばはこの2つの材料を活用した済州の伝統料理で、一般的なカルグクスより太くて短めの麺が使われます。キジ肉は鴨肉より脂分が少なく、キジのだしは鶏ガラよりもさっぱりしています。”


예주 꿩매밀칼국수/イェジュ クォン メミル カルグクス(西帰浦市内)

ソギポ市中心部の市営駐車場にレンタカーを停めた際、すぐ横にあったので入ってみました。

f:id:Reppa:20211002204018j:plain


朝8時からやっていて、我々も朝食として食べました。

f:id:Reppa:20211002204021j:plain

手作り感溢れるおかずとキムチ。左上のズッキーニは微妙な味、それ以外はかなり美味いというのが楽しい。

f:id:Reppa:20211002204010j:plain


韓国のカルグクスは打ち粉が付いたままスープと一緒に煮込むのでとろみがあります。キジ肉は予想以上にたっぷり入っていました。見た目はこってり味に見えますがコクはありながら臭みは無く、蕎麦の風味も仄かに感じられて中々のものでした。

f:id:Reppa:20211002204007j:plain

イカスミ麺の貝出汁カルグクス

소곰밭원담/ソゴムパッ ウォンダム(대정읍/ソギポ市 大静)

最後は今回の旅で食べた麺系の中で一番美味いと思った”黒い”カルグクス。

f:id:Reppa:20211002213100j:plain


島の南西部をドライブ中にNAVERで検索したら面白そうなカルグクスが出てきたので入ってみました。

f:id:Reppa:20211002213103j:plain



무늬오징어/ムニオジンオ、たぶん紋甲イカが看板メニュー。この時我々の目当ては写真右の먹물(墨汁)보말(クボガイ)カルグクス。クボ貝は磯の小さな巻貝です。

f:id:Reppa:20211002213051j:plain


一人前11,000ウォン、そして注文は2名からというハードルに期待と不安が膨らみます。ドリンク系の価格は普通ですがそれ以外の価格はやや高めと見受けました。

f:id:Reppa:20211002213049j:plain


とても綺麗な店内。

f:id:Reppa:20211002213046j:plain


15分ほど待って着丼。見た目はちょっと微妙かも。しかし、スープを一口味わいカミサンと顔を見合わせ、二人で「これはうまい」と頷き合います。

f:id:Reppa:20211002213058j:plain


スープも麺も磯の香り満点、スープは巻貝からの出汁とイカスミの風味で実に滋味溢れる味。これ、1.5倍に薄めても旨味は十分なんじゃないのか。

f:id:Reppa:20211002213054j:plain


クボ貝は具としての存在感は控え目でした。

f:id:Reppa:20211002221417j:plain

現時点での済州島の麺類”私的”ベスト1

イカ墨カルグクスは絶品でした。しかし、私の中での済州島麺類ベストは、やはり昨年食べたソギポ市内の、煮干しベースのスープ+味付き煮豚がトッピングされたミョルゴグクスかなとも思います。2位は今回の巻貝イカスミ麺であります。

고씨네 천지국수/ ゴッシネ チョンチグクスのミョルゴグクス。

f:id:Reppa:20201110215329j:plain


今回も是非食べたかったのですがチュソク(旧盆)のため店は休み。この商売っ気の無さに済州島の愛すべきユルさを感じます。

p-sign123.jp