P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

【釜山グルメ】「朴船長の店」で刺身を楽しむ... 海雲台(ヘウンデ)にて

釜山グルメ編の第三弾、今編でラストとします。今回は刺身。港町釜山ですからね。訪れたのは”해운대 박선장”(ヘウンデ パクソンジャン/海雲台 朴船長)という笑っちゃうほど分かり易い名前の店であります。

f:id:Reppa:20210625195326j:plain


どや顔の朴船長。

f:id:Reppa:20210625195329j:plain


ランチもやっていますが2名以上での注文が必要。恐らくメイン以外にも色々とおかずが出るので1人前のみは不可なのだと思います。

f:id:Reppa:20210625195336j:plain


生簀には穴子が泳いでいます。

f:id:Reppa:20210625195332j:plain


17時に入店。この時点で先客は一組のみ。
但し半分以上のテーブルは予約されていました。

f:id:Reppa:20210625195339j:plain


朴船長の漁船。

f:id:Reppa:20210625195322j:plain


こういったポスターが貼られているのは日韓共通。これは韓国近海で見られる似た魚の見分け方です。

f:id:Reppa:20210625200752j:plain


メニューは超シンプルで、2人前セット:5万ウォン~5人前:12万ウォン。スペシャルというお大尽セットが1人前5万ウォンとありますが恐らく要予約。

f:id:Reppa:20210625195342j:plain


我々は素直に2人前を注文。突き出しと言うかつまみ類が次々に出てきます。

f:id:Reppa:20210625201424j:plain

f:id:Reppa:20210625200802j:plain

丸い器に入っているのは薬味の味噌。刺身などをサンチュ類に巻くときに使います。

f:id:Reppa:20210625200755j:plain


ホヤ最高でした。ケジャン(蟹の醤油漬け)も旨い。

f:id:Reppa:20210625200758j:plain


甘鯛(だったと思う)の焼き物。

f:id:Reppa:20210625201421j:plain


さっと茹でたイカ。プリプリで酒が進みます。

f:id:Reppa:20210625202351j:plain


福岡ニビシの刺身醤油。濃厚な甘口です。

f:id:Reppa:20210625200809j:plain


そして主役の刺身。真ん中のピンク掛かっているのが穴子。その他、平目やら何やら。運んできたおばさんにどれが何の魚か聞いてみたもののよく分かっていない模様。

f:id:Reppa:20210625202356j:plain


それはさて置き、韓国の刺身屋は、例えば平目を注文すると1匹分ドン!と言ったところが多いのですが、ここは白身尽くしながらも盛り合わせというのが嬉しいポイントです。

その他チヂミなど、大体のものが出て賑やかになりました。

f:id:Reppa:20210625202348j:plain


最後はメウンタン。たらふく食べて白メシまでは入りませんでした。

f:id:Reppa:20210625203608j:plain


ビール3本と焼酎1本飲んで会計は66,000ウォン。この内容と味でこの金額はかなり満足度が高いですね。次回も来ます。