【弘大】マポ・コプチャンタウンで牛ホルモンと生レバーを味わう

久々に家族でコプチャンを食べに行ってきました。訪れたのは弘大(ホンデ)にある마포곱창타운/麻浦コプチャンタウンという店。

 

f:id:Reppa:20201220154042j:plain

 

 

 

日本のホルモンは大衆的な食べ物のイメージですが、家内曰く『韓国でのコプチャンは「少し値が張るスタミナ食」というイメージ』なのだそうです。

 

 

황소とは牝牛。牛だと一人前2万ウォン以上と、確かに韓国の感覚では安くはありません。 

f:id:Reppa:20201220154244j:plain

 

 

f:id:Reppa:20201220161543j:plain

 

 

席に着くと血の煮凝りが入ったスープが供されます。

f:id:Reppa:20201220154947j:plain

 

 

我々はコプチャン(小腸)と牛ハツ(心臓)を注文。

f:id:Reppa:20201220155209j:plain

 

 

ある程度焼いた状態で運ばれてきたものをおばさんがハサミで切ってくれます。

f:id:Reppa:20201220155316j:plain

 

 

f:id:Reppa:20201220155526j:plain

 

 

いい感じに焼けました。

陳腐な表現ながら、外はカリカリ、中はジューシー。コプチャンは酸味のあるタレ、ハツは塩ゴマ油を付けて食べます。

f:id:Reppa:20201220155550j:plain

 

 

日本では食べられなくなった生レバー。うちの近くの店だと追加は5千ウォンですがこの店はお代わり自由というのも嬉しい。

f:id:Reppa:20201220155812j:plain

 

 

久々の生レバー。幸せです。

f:id:Reppa:20201220155943j:plain

 

 

サービスでケランチムも出してくれました。

f:id:Reppa:20201220160052j:plain

 

 

娘がまだまだ食べ足りないというので2人前追加。若いっていいなぁ。

f:id:Reppa:20201220160221j:plain

 

 

そして賑やかになったテーブル。

f:id:Reppa:20201220160357j:plain

 

 

〆はポックムパプ。

f:id:Reppa:20201220160516j:plain

 

あー、食った食った。久々にベルトを緩めました。

 

脂っこそうに見えて確かにそうなんですが、しっかり脂を落として焼くのでそれほどモタれないのが韓国のコプチャン。

 

コロナ禍で外出を最小限にしておりストレスが溜まる昨今。ガッツリ食べて焼酎も飲み、久々に発散できたひと時でした。