Nソウルタワー(南山タワー)を久々に訪れる

近年は観光客、特に中国人が多過ぎて行く気にならなかったNソウルタワー。皮肉にも武漢ウイルスのせいで最近は空いていると聞き久々に行ってきました。

 

f:id:Reppa:20201212204456j:plain

 

私が初めて訪れたのは1997年、当時は「ナムサンタワー」という名称だったのがいつしか「Nソウルタワー」になりました。しかし、ソウル市民は今も旧名称で呼ぶ人が大半です。

 

 

冒頭からクドクド書きましたが、ここ、見晴らし良いですよ。

快晴に恵まれたこの日、気分爽快でした。iPhoneの合成パノラマです。

f:id:Reppa:20201212205532j:plain

 

 

 

 

この日はウォーキングも兼ねて市庁から南山麓まで歩いて行きました。

f:id:Reppa:20201212210222j:plain

南山トンネルの料金所。

 

その横に傾斜エレベーター(無料)があります。

f:id:Reppa:20201212210534j:plain

 

 

f:id:Reppa:20201212210636j:plain

 

 

天気最高。コロナで溜まったストレスが晴れます。

f:id:Reppa:20201212210904j:plain

 

 

ロープウェイは有料。当たり前ですが。

f:id:Reppa:20201212211113j:plain

 

 

何だか観光気分でワクワクします。

f:id:Reppa:20201212211218j:plain

 

 

f:id:Reppa:20201212211326j:plain

 

 

山頂に到着。

f:id:Reppa:20201212211407j:plain

 

 

南京錠にメッセージを書くのがお約束。

f:id:Reppa:20201212211500j:plain

 

 

f:id:Reppa:20201212211750j:plain

 

 

f:id:Reppa:20201212211813j:plain

 

 

地理の教科書などで「近代的なビルが立ち並ぶソウル中心部」などといった説明と共に紹介されるアングルは、大概ここナムサンから撮ったものです。

f:id:Reppa:20201212211856j:plain

写真中央のやや左に青瓦台(大統領府)が見えます。今の主は文さん。退任後は塀の向こうに... 以下自粛。

 

 

南側は梨泰院(イテウォン)。

f:id:Reppa:20201212212412j:plain

 

 

f:id:Reppa:20201212212619j:plain

 

 

f:id:Reppa:20201212212703j:plain

 

 

タワーはテレビ電波塔としても現役。

f:id:Reppa:20201212213008j:plain

 

 

f:id:Reppa:20201212213107j:plain

 

 

f:id:Reppa:20201212213208j:plain

 

 

f:id:Reppa:20201212213634j:plain

 

 

カミさんとコーヒー一杯飲んで下山。

帰路、ちょっと明洞に寄ったら店潰れまくり。ガラガラでびっくり。

f:id:Reppa:20201212213914j:plain

コロナ禍前は平日でもまっすぐ歩けないほどの混雑だったのですが。

 

明洞カルグクスを食べて帰宅。いつもは行列の店ですが、週末にもかかわらず並ばずに入れました。