P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

【済州島】世界自動車&ピアノ博物館(3)スポーツカーとヨーロッパ車編

アメリカ車を見た後は2階に上がり、スポーツカーを見ます。

f:id:Reppa:20201115134247j:plain

偽ランボルギーニ・カウンタック

おお、カウンタックもある。でも、何だか雰囲気が違う...
f:id:Reppa:20201115134303j:plain

説明パネルには”Lamborghini Countach LP 400”としか書いていないけど、これ、レプリカじゃん...
f:id:Reppa:20201115134253j:plain

こちらが本物。栃木県の魔方陣スーパーカーミュージアムにて撮影。
f:id:Reppa:20201115133549j:plain

プラスチック感全開のボディー。ウィンドウは全て平面のようです。
f:id:Reppa:20201115134258j:plain
まあ、珍しいものを見せてもらいました。

フェラーリ・308GTS

これは本物でした。美しいクルマです。
f:id:Reppa:20201115134307j:plain

2階には古い韓国車、そしてクラシックピアノも展示されていましたが、これは別記事で紹介します。1階に戻りましょう。

デロリアン

変化球の多いこの博物館。ある意味目玉展示と言えるのはこの黄色いデロリアン。
f:id:Reppa:20201115134159j:plain
デロリアンの最大の特徴は無塗装のステンレスボディーの筈ですが、ばっちり黄色にペイントしています。でも、中々似合っています。

ゴッゴモビル TS250

こんなのもありました。何とも小さくて愛らしい一台。7万台近く生産されたとのことで、この手のクルマとしては商業的にまずまず成功したようです。
f:id:Reppa:20201115134203j:plain

ベンツとか、ロールスとか

f:id:Reppa:20201115134313j:plain

メルセデス・ベンツ 600

2.6トン以上の巨体を6.3L・V8エンジンで引っ張り、最高速は200km/h以上に達する、この時代の怪物。
f:id:Reppa:20201115134046j:plain

目の細かいグリルが付けられていますが、何でしょうか。
f:id:Reppa:20201115134051j:plain

メルセデス・ベンツ 220S

アメ車に比べると控えめながらテールフィンが立っています。所謂”ハネベン”。
f:id:Reppa:20201115134042j:plain

イギリス車

続いてはイギリスのハイエンド高級車。
f:id:Reppa:20201115134107j:plain

ジャガー Mk5

韓国では「재규어・ジェギュオ」と発音します。このMk5は何故かアメリカ車に混じって展示されていました。
f:id:Reppa:20201115134140j:plain

ベントレー Mark VI

f:id:Reppa:20201115134059j:plain

ベントレー S3

ロールス-ロイス・シルバークラウドの姉妹モデル。R-Rではなくベントレー版を展示するのがこれまたこの博物館らしい変化球。
f:id:Reppa:20201115134055j:plain

ロールス-ロイス・シルバークラウド

先に紹介したベントレー S3のベースになったのがこちら。ミュルサンヌ・ターボが登場するまで30年以上R-Rのグリル違いに過ぎなかったベントレーはよく生き残ったものだと思います。
f:id:Reppa:20201115180004j:plain

ロールス-ロイス・シルバースパー

この系統のR-R、バブル期の日本でよく見掛けたものです。
f:id:Reppa:20201115134113j:plain

ロールス-ロイス・シルバーシャドウ

ジョン・レノンの依頼でジプシーアーティストが施したというカスタムペイント。オリジナルなのかどうかは不明。
f:id:Reppa:20201115134118j:plain

f:id:Reppa:20201115134122j:plain

見学コースの最後はR-Rのシルバーレイス。
f:id:Reppa:20201115134127j:plain

(4)に続きます。

p-sign123.jp