P sign

ソウル在住の日本人が旅行,飛行機,くるま,鉄道,韓国生活について書いております。

【済州島】世界自動車&ピアノ博物館(1)

個人経営の博物館ながら、展示車台数は70台以上と中々の規模。オーナーの趣味なのか、自動車だけでなくクラシックピアノも多数展示されています。

f:id:Reppa:20201226192128j:plain

f:id:Reppa:20201226192131j:plain

場所は済州島南西部。近くには航空宇宙博物館もあり、そちらも訪れるつもりだったのですが、残念ながらコロナ禍のため休館中でした。


中々充実した展示内容だったのでエントリーを4つに分けて書きました。


済州島はEVの普及に熱心で、どの観光地に行っても充電設備があります。

f:id:Reppa:20201226192123j:plain

自動券売機でチケットを購入します。入館料は8千ウォンですが、この時は割引があって5千ウォンでした。

f:id:Reppa:20201226192135j:plain

屋外展示のキャディラックなど。排気量8.2Lというのが凄い。

f:id:Reppa:20201226192148j:plain

f:id:Reppa:20201226192145j:plain

ジャガーMk.2とクライスラー・インペリアル。博物館で’70年代のクライスラーというのは珍しい。

f:id:Reppa:20201226192157j:plain

入場する際に紙コップに入ったニンジンスティックを渡されます。入って納得、屋外展示エリアに放し飼いされている鹿にあげる餌でした。

f:id:Reppa:20201226192142j:plain

これは珍しい、現代ポニーのピックアップ。

f:id:Reppa:20201226192154j:plain

'70年代後半から流行した疑似クラシックカー2台。右は韓国資本に買収されたパンサーのカリスタ。

f:id:Reppa:20201226192139j:plain

「ジョン・ウェインとマーキュリー・モンテレー」と書いていましたが詳細不明。

f:id:Reppa:20201226192119j:plain

館内に入ります。

f:id:Reppa:20201226192116j:plain

f:id:Reppa:20201226192022j:plain

メルセデス300SLが迎えてくれます。

f:id:Reppa:20201226192037j:plain

f:id:Reppa:20201226192041j:plain

端正なスタイルが素晴らしい、MG TD。

f:id:Reppa:20201226192044j:plain

「必ず知っておくべき初期自動車の常識百科」
何故屋根が無かったのか?などの雑学が紹介されています。

f:id:Reppa:20201226192051j:plain

20世紀初期のものから、概ね年代順に展示されています。

f:id:Reppa:20201226192047j:plain

f:id:Reppa:20201226192054j:plain

1918年のダッジ。

f:id:Reppa:20201226192057j:plain

Whippet 96A(1928年)

f:id:Reppa:20201226192101j:plain

木製ボディーのヒルマン・ストレート8。

f:id:Reppa:20201226192113j:plain

一部の展示車には日本語の説明もあります。

f:id:Reppa:20201226192109j:plain

ここで一旦休憩。カフェテリアへ。

f:id:Reppa:20201226192028j:plain

カフェテリア横に展示されていたのはキャディラック・エルドラド。

f:id:Reppa:20201226192031j:plain

現代ソナタのカットモデル。
立てて展示されているので下面もしっかり観察できます。

f:id:Reppa:20201226192025j:plain

(2)に続きます。