ソウルで海外渡航用の予防接種を受ける

昨日のポスティングで書いた通り、韓国の病院で海外渡航のための予防接種を受けてきたので、その際のことを備忘も兼ねて書き留めておきます。

 

予防接種は국립중앙의료원=国立中央医療院で受けました。大病院ならどこでも受けられる訳ではなく、事前に予約した上でこの病院まで行く必要がありました。場所は東大門の近くです。

f:id:prugio:20201115214903j:plain


受付ロビー。韓国では銀行や郵便局以外でも、先ず機械から番号票を取って待つのが一般的です。

f:id:prugio:20201115214858j:plain

 

在インド日本大使館のH/Pを見たところA型肝炎と腸チフスは「是非接種を~」それ以外は「目的地によって判断」となっています。私が最後にインドに行ったのは2010年で、その際に一通り接種しましたが、年数が経っているので抗体は消えていると思います。

医師にはその旨を伝え、また、下に貼りつけた大使館の情報を見せたところ、韓国では腸チフスも行き先や目的次第に判断して接種する項目とのことでしたが、折角なのでこれも打ってもらうことにしました。破傷風も打って貰いました。

f:id:prugio:20201115214844j:plain

 

一番右のカウンターで手続きをします。'"입원예약 / 황열"と書かれていますが、"入院予約 / 黄熱"の意味です。黄熱病以外はそれほど重視していないということでしょうか。

f:id:prugio:20201115214854j:plain


領収書。合計113,750ウォン。1万円ちょとですね。

f:id:prugio:20201115214850j:plain

 

黄熱病予防接種済みの証明書。

f:id:prugio:20201115214838j:plain

 

ちょっと可笑しかったのは、注射を打つ際にその場所(今回は肩と尻)をペンペン叩いてから打たれたことです。昔は日本でもそういった習慣がありましたが、今はしないですよね。叩かれた甲斐も無く、どの注射も痛かったです。