P sign

旅や乗り物、韓国生活についてソウル在住の大阪人が色々書いております。

ANA ボーイング787 ビジネスクラスにアップグレード... 成田=>サンノゼ

今年の夏休みは家内とサンフランシスコ、バンクーバー、シアトルを巡る旅に出た。先ずはサンフランシスコを訪れたのだが、折角の機会なのでボーイング787に乗りたくて、往路は敢えて成田==>サンノゼ便に乗ることにした。787も就航して日が経つが、やっと搭乗の機会が巡ってきた。

 

f:id:Reppa:20201124210115j:plain

 

前日、事前チェックインしようとしたら何とビジネスクラスにアップグレードされていた。最新の787、しかもビジネスクラスとは。これは嬉しい。

 


成田のラウンジ。

f:id:Reppa:20201124102649j:plain

 

 

f:id:Reppa:20201124102653j:plain

 


生ビールで乾杯!夏休みだ。

f:id:Reppa:20201124102701j:plain

   

 

外を見ていたらニュージーランド航空の787が到着。

他のエアラインでの就航も進んでいるようだ。

f:id:Reppa:20201124205845j:plain

 

 

乗り継ぎ時間が短かったのでラウンジでビールを1杯だけ飲み、ゲートに向かう。

f:id:Reppa:20201124102711j:plain

 

 

ボーディングブリッジより。

f:id:Reppa:20201124102716j:plain

 


ビジネスクラスの室内。勿論、新しいスタッガードタイプのシートである。

f:id:Reppa:20201124102724j:plain

 


なるほど、完全に個人の空間。これは寛げる。

f:id:Reppa:20201124102720j:plain

  

 

少々残念なのはこのパーテーション。
フライト中、隣席の家内とは腰を浮かさないと会話できない(上司との出張だったらむしろ有難いけど)。以前のCLUB ANAのように下ろすことが出来れば良いのだが...

f:id:Reppa:20201124102528j:plain

...しかし、考えてみると他の搭乗客もいる空間でぺちゃくちゃ喋るわけでもなく、限られたスペースでこの快適さを実現するならこれが正解なのでしょう。

 

 

シートの取説。

f:id:Reppa:20201124192604j:plain

 


ウェルカムドリンクのシャンパン。
サイドテーブルが広いので置き場所には困らない。

f:id:Reppa:20201124102511j:plain

 


ビジネスクラスでは窓は1列あたり3枚。窓の面積も広く、通路側からでもそこそこ外を見ることができる。

f:id:Reppa:20201124102506j:plain

 

 

従来機より窓面積が大幅に広くなった。下の丸いのは電子式ブラインドのスイッチ。

f:id:Reppa:20201124102518j:plain

 

 

f:id:Reppa:20201124102522j:plain

 

 

コントローラーはカラー液晶。

f:id:Reppa:20201124192752j:plain

 


テーブルはシートの横ではなく前から引き出すタイプ。

とても広いのでパソコンを広げても余裕。

f:id:Reppa:20201124102537j:plain

 

 

さて、ディナータイムであります。

 

食前のアミューズ。

f:id:Reppa:20201124102541j:plain

 


夕食は洋食を選択。
前菜のチキン・フォアグラ・ホタテのガランティーヌ。

f:id:Reppa:20201124102552j:plain

   

 

続いて、メインに備えて赤ワインを頂く。

f:id:Reppa:20201124192608j:plain

 


メインのフィレステーキ。添えられている万願寺唐辛子も旨い。

f:id:Reppa:20201124102605j:plain

 

 

駄目元で「なるべくレア気味に」とお願いしてみたら「出来る限り...」と希望を聞いてくれた。機内食は地上で一旦ガッと火を通したものを冷やし、提供前に機内で温めるという制約の中で、これだけ赤みを残してくれれば御の字でしょう。

f:id:Reppa:20201124193157j:plain

 


一方、家内のチョイスは和食。前菜のキス、鮭、合鴨とカマス。

f:id:Reppa:20201124102548j:plain

 

 

主菜は小鯛酒焼き。
ご飯は生姜飯だったりして手が込んでいる。

f:id:Reppa:20201124102556j:plain

 

 

f:id:Reppa:20201124102601j:plain

     

 

そしてデザートのワゴンサービス。

f:id:Reppa:20201124102616j:plain

 

 

家内(酒豪)はデザートチーズとワインでちびちびやってました。

f:id:Reppa:20201124102613j:plain

 

 

私はデザートはパスしてコアントローでリラックス(つい3杯飲んでしまった)。まあ、前日まで激務だったもんで...

f:id:Reppa:20201124102620j:plain

 

 

そろそろ眠ります。

f:id:Reppa:20201124205514j:plain

 

写真は撮っていないが完全に180度フルフラットのシートは快適至極。CLUB ANA時代のシートは若干足元方向が下がる角度が付いていた。微妙な違いも眠りの深さに影響すると実感。そして熟睡を超えて爆睡。


   

LED照明は...

f:id:Reppa:20201124102624j:plain

   

 

眠る時間帯は青い照明に切り替わる。

f:id:Reppa:20201124102637j:plain

   

 

読書灯は二つあり、一つはこの肩上のライト。

f:id:Reppa:20201124102515j:plain

 

 

もう一つは前の画面の上。

f:id:Reppa:20201124102544j:plain

 

 

飲み食いすれば出るものが出ます。

トイレにも窓があり、ウォシュレットも装備されている。

f:id:Reppa:20201124102628j:plain

 

 

ウォシュレットのスイッチ。

f:id:Reppa:20201124102633j:plain

 

-----------------

熟睡... zzz...

-----------------

 

 

到着前の朝食は家内も私も和食を選択。初めて食べたが、トウモロコシご飯って旨いものですな。

f:id:Reppa:20201124102641j:plain

 

 

何だか飲み食いして寝ている間にサンノゼ到着。
とても快適なフライトだったので、もうちょっと乗っていたいな、と思う程だった。

f:id:Reppa:20201124102645j:plain

 

 

後日訪れたボーイング・エバレット工場に展示されたいた787胴体のカットモデル。実物を見ると実感、全体がカーボンコンポジット。

f:id:Reppa:20201124200607j:plain

 

 

ビジネスクラスなので快適なのは当然ながら、747や777との違いは明らかで、これまでの長距離フライトの中で最も疲労の少ないフライトだった。従来機よりも地上に近い機内の湿度や気圧、静かさ(エンジン音や風切音の少なさ)が効いていると思う。

 

名門ボーイングでも就航まで難産だった787だが、流石は待たされただけのことはあって、確実に一世代進化した旅客機と言えましょう。