ニコン F-501... 極上品(?)中古を購入

今年のGW、またソウル・南大門の中古カメラ街をブラブラしていると、中学生の頃に欲しかったNikon F-501が目に付いた。不気味なほど状態も良く、価格は10万ウォン(7千円ちょっと)。

 

具体的に「これで何をする」という目的は無いのに、ニコン初の普及版AF一眼機だったと言えるF-501、その美品という”産業遺産”を保護するという使命感から(笑)、結局買ってしまった。

 

早速、手持ちのAi AF NIKKOR 35mm f2.0を付けてみた。

f:id:Reppa:20201126230637j:plain

 

'80年代らしいデザイン。

f:id:Reppa:20201126230642j:plain

 

マニュアル主体からオート機能満載への過渡期を感じさせる操作系。シャッター速度はダイヤル式、フィルムは巻き取りのみ手動式。シャッターボタンのロックはボタンの外側を引っ張り上げ、シングルか連写を選ぶ。

f:id:Reppa:20201126230646j:plain

 

フィルム巻取りは昔ながらのダイヤル式。古臭いが、AF駆動に電気を消費することを考慮し、なるべくバッテリーを節約するという設計思想だったのかも知れない。

f:id:Reppa:20201126230649j:plain

 

コンデジでファインダー内を撮ってみた。 三角形のLED表示でピント合わせの方法を教えてくれるのが初期のAFカメラらしくて愛しい。

f:id:Reppa:20201126230652j:plain

 

おっと、行き過ぎ...

f:id:Reppa:20201126230700j:plain

 

グリーンが点くと合焦。

盛大なモーター音と共に頑張ってピント合わせをしてくれる。

f:id:Reppa:20201126230656j:plain

 

ピントの精度は...?意外にしっかり合います。ジー、ジーと迷うこともあるが最終的にはきっちり合焦するのは初期の一眼AFとしては大したもの。

 

 

とりあえず24枚撮りネガ1本を試写してみた。

ソウルのアパート街にて。

f:id:Reppa:20201126230708j:plain

 

ソウル・カンナム(江南)にて。 

f:id:Reppa:20201126230703j:plain

 

 

名古屋の街をぶらぶらと。

f:id:Reppa:20201126230712j:plain

 

 

f:id:Reppa:20201126230634j:plain

 

AF、露出計共に正常に動いているようで一安心。動態保存すべく、これからも散歩の供としてたまに使うつもりだ。