P sign

旅や乗り物、韓国生活についてソウル在住の大阪人が綴るブログ。

韓国乗り鉄・(4)順天==>益山==>大田/ローカルディーゼルカー&再びKTX

韓国では珍しい普通型ディーゼルカー。順天駅にて。 順天~益山(スンチョン~イクサン) 順天で全羅線のムグンファ号に乗り換えて次の乗り換えポイントである益山(イクサン)に向かう。 全羅道は金大中が大統領になるまで何かと冷遇され続けた地域で、光州…

韓国乗り鉄・(3)釜山==>順天/ディーゼル機関車に牽かれる客車で3時間半の旅

急行ムグンファ号、三浪津駅にて 釜山~三浪津 合計5つの列車を乗り継ぐ予定の2日目、始めに乗るのは釜山5:50発、三浪津(サムランジン)には6:24に停車する急行ムグンファ号。 ムグンファは無窮花の韓国語読みで、韓国国花のムクゲ(槿)。 早朝の釜山駅。 …

韓国乗り鉄・(2)釜山にて... チャガルチ市場,釜山タワー,中華街,釜山駅,太宗台

昼前に釜山に到着し、夕食までの時間は街をぶらぶらしたりして時間を潰した。 夕方の釜山港にて。 釜山駅にて KTXのイメージキャラ。韓国はこういったキャラを作るのが日本以上に好きで、ニンニク産地ではニンニク君(?)が微笑むマスコットがあったり、青…

韓国乗り鉄・(1)ソウル==>釜山/KTX 001号で2時間の旅

10年前、2011年GWの韓国乗り鉄記録です。あまり変わっていない部分もあれば「十年ひと昔」を感じる部分もあります。 鷺梁津駅を通過するディーゼルPP(プッシュ・プル)時代のセマウル号。 以下は当時、私がInfoseekホームページ(これも懐かしい)に上げて…

【海外エアショー】アメリカ海軍アクロバットチーム『ブルーエンジェルス』... ミネソタ州ダルースにて/US Navy "Blue Angels"

青空が恋しくなったのでヒコーキネタを。今回はF/A-18E/F ”スーパーホーネット”に機種変更したというニュースもあったブルーエンジェルスの記録です。 不定期的ながら空軍のサンダーバーズはアジアツアーで日本にも来てくれますが、海軍の方は北米大陸を出て…

【とり貝のしゃぶしゃぶ】全羅南道の早春の味覚をソウルで堪能する... 順天家(スンチョンチプ)にて

前々回のポスティングで寒ブリ刺身を食べたことを記したばかりですが、早春の味覚とされているトリガイのしゃぶしゃぶを味わってきました。 訪れたのは순천집=スンチョンチプ。店名は朝鮮半島南西部の海沿いに位置する、全羅南道・順天(スンチョン)に因ん…

【アイルランド】ギネスビール(ギネス・ストアハウス/Guinness Storehouse)を訪れる... ダブリンにて

アイルランドに行った目的はダブリン郊外で行われたエアショーでしたが、ビールをこよなく愛する私としてはギネスビールは外せません。訪れたのはギネス・ストアハウス。 ギネス・ストアハウスとは ギネス醸造所の一角にあるギネスビールに関する博物館・展…

【ノリャンジン】ソウル・鷺梁津水産市場で寒ブリ刺身を食す

コロナ禍のせいで日本に帰省できなかった旧正月、望郷の念もあってノリャンジン(鷺梁津)の魚市場に行ってブリの刺身を堪能してきました。 ノリャンジン/鷺梁津水産市場、東京の築地・豊洲に相当する生鮮市場で、老朽化した旧市場から新築建物に移動したと…

【ワシントンDC~ニューヨーク】アムトラック・アセラエクスプレス乗り鉄記... バイデン大統領の通勤路線?

アメリカのバイデン新大統領が長年ワシントンDCまで電車通勤していたという記事を読みました。地元デラウェア州からアムトラックで通っていた由。私もこの路線でAcela Expressを利用したことを思い出し、今回はその際の記録を書き留めます。 this.kiji.is 乗…

【イタリア】ランボルギーニ博物館訪問記(3)... プロトタイプとF1, チータ, LM002

経営面では何度もピンチに陥ったランボ。その試行錯誤を伺うことができる部分かも知れません。 プロトタイプとF-1 P140(1988) ジャルパの後継として企画された4L・V10エンジン搭載モデル。ガヤルドの源流と言えるでしょう。車体はリベット留めのアルミモノ…

【イタリア】ランボルギーニ博物館訪問記(2)... カウンタック, ミウラ, ディアブロ, ウラッコ, エスパーダ etc.

Museo Lamborghini/ランボルギーニ博物館訪問記・前編で紹介しきれなかった創業期からディアブロまでのオールドランボの記録です。 350GT(1963-1967) ランボ初の量産モデル。エンジンは、フェラーリがまだOHCだった時代(普通の乗用車はOHVも普通だった)…

【イタリア】ランボルギーニ博物館訪問記(1)... ボローニャ・ランボ本社のミュージアムにて

Lamborghini Museum、イタリア語ではMuseo Lamborghini(ムゼオ・ランボルギーニ)。イタリア、ボローニャ県のサンタアガタ(Sant'Agata)という小さい街にあります。 博物館はランボルギーニ本社に併設されており、私は訪れたのが日曜日だったため無理でし…

【ヨーロッパ寝台列車の旅】パリ~バルセロナ・エリプソス乗車記(3)

遠くから響くゴロゴロという音と軽い振動で目が覚めた。外を見ると、列車は屋根のある車両庫のような施設の中をゆっくり進んでいた。数名の作業員が列車の横に立ち車両の下部を注視している。なるほど、国境で標準軌から広軌に車輪幅を拡げる作業中のようだ…

【ヨーロッパ寝台列車の旅】パリ~バルセロナ・エリプソス乗車記(2)

ディナーの準備が整ったとのことで食堂車に向かい、無事テーブルを確保。限られたスペースで最大限テーブル数を確保できるよう、席は座面がスプリングで跳ね上がるようになっている。 美しくセッティングされたテーブルに気分が盛り上がる。 いや~、こうい…

【ヨーロッパ寝台列車の旅】パリ~バルセロナ・エリプソス乗車記(1)

リフレッシュ休暇で行ったヨーロッパ。フランス、スペイン、ドイツの三カ国を周るというスケジュールの中で”乗り鉄”も楽しむべく、パリからバルセロナは寝台列車で移動した。 憧れだった国際寝台列車に乗れるだけでなく、夜パリで乗車して一泊するとバルセロ…